【駆け込みドクター】肩こりの解消法と肩甲骨のストレッチ!

ストレッチ

2016年2月21日放送の「駆け込みドクター!名医がスタジオ生診断 カラダの不調の新常識SP」

厚生労働省によると体の不調の1位が腰痛、2位が肩こり。

ここでは肩こりについて整形外科医が予防や改善法を伝授します。

スポンサードリンク

姿勢性の肩こり

井戸田潤は慢性的に肩こりだといいます。
城之内早苗は肩こりじゃなくて肩が痛いといいます。

見てくださるのは整形外科の中村格子先生。

井戸田潤の肩こりについて、スタジオで生診断。

首を前後左右に曲げしびれなどがないかチェック。

診断は姿勢性の肩こり。

事前に井戸田の姿勢を姿勢測定器で測定。
その結果、井戸田は耳が前に出ており前かがみの状態。

これが肩に負担をかけていると考えられます。

わずか20秒でできる簡単姿勢矯正術。


【姿勢型の肩こりの解消法】

姿勢矯正①
1.壁などに背中がつくように座ります。
2.壁に頭をつけて5秒間押し付けます。
3セット

姿勢矯正②
手を広げ、親指を後ろに向けて深呼吸
息を吸いながら腕を後ろにして吐きながら戻します。

どちらも1日2回ほど行います。

井戸田さんもキレイな姿勢になっていました。


肩甲骨が動かない

城之内早苗の肩の痛みについて原因をさぐります。

ある日の日常を紹介。
この日はコンサートの楽屋で、腰回し体操を行っていた。
ぎっくり腰を経験したためだという。

ゆっくりと腰を回し普段使わない筋肉を伸ばす運動。
暇さえあればこの体操をしているとのこと。

左肩は後ろに回しても上がるが右肩はほとんど上がらない。

そして、終演後、肩がいたくて服を着るのがつらいという。

休日は、趣味の手芸を行っていた。
5年ほど前からはまっている手芸。
腕前はプロ並み。

前かがみで時間を忘れ没頭。
過去には18時間やり続けたこともあったという。

スタジオで城之内早苗を生診断します。

肩の動きをチェック。
肩甲骨がまったく動いていないという。

立った姿勢を見てみると
体の中心に対して右肩が前に、左肩は後ろに出ている。

これは手芸のやりすぎで筋肉が固まっているせいだとのこと。

スポンサードリンク


【肩甲骨の動きを改善する肩甲骨ストレッチ】

肩甲骨ストレッチ①
1.腕を直角に(手を前にならえの状態)曲げて左右に開く。

肩甲骨ストレッチ

2.開くときに息を吐き、閉じるときに吸う。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨のあたりを意識しながら

タオルを1枚挟むイメージで脇を締める

これを1セット10回。

肩甲骨ストレッチ②
肩に手を付けて肘で円を描くように回す。

外回し内回しをそれぞれ5回ずつ。

すると全く上がらなかった城之内早苗さんの右肩も上がっていました。

肩甲骨のストレッチで肩の痛みを改善!

スポンサードリンク

2 Responses to “【駆け込みドクター】肩こりの解消法と肩甲骨のストレッチ!”

  1. 新井雅子 より:

    中村格子先生の肩こりや肩甲骨の治し方が載っている本は、出版されてますか?
    出版されているなら、是非買いたいので教えて下さい。

    • chico より:

      コメントありがとうございます!

      中村格子先生の本ですが、
      【首・肩・腰の痛みをとる! 伸筋力トレーニング (青春新書PLAY BOOKS)】
      という本を出されています。
      ただ、読んでいないので、新井さんが期待している内容なのかはちょっとわからないです。

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ