【がっちりマンデー】破れない名刺やメニュー表の新素材LIMEX(ライメックス)

カレンダー

2017年11月26日放送の「がっちりマンデー」は
「業界新聞の記者に聞いた!
せまい業界トップニュース2017」。

ここでは破れない名刺やメニュー表の新素材
LIMEX(ライメックス)について紹介!

スポンサードリンク

月刊総務

新宿区新宿一丁目にある月刊総務。

月刊総務は
就業規則の特集や車両管理のノウハウ、
ビジネス慶弔マナーなど
会社の総務部の方なら見逃せない情報が満載。

発行部数は月1万2000部。

月刊総務の豊田健一編集長に
月刊総務のせまい業界トップニュースを教えてもらいます。


TBM

銀座にあるTBMという会社。

TBMの山崎敦義社長から
名刺をいただきます。

見た目は普通。

「破ってみてください!」といわれ
破ろうとしますが、全然破れません。

これは紙に替わる新素材
「LIMEX(ライメックス)」でできています。


LIMEX(ライメックス)とは?

紙のように軽くて文字もすらすらと書けます。
だけど破れない。

さらに普通の紙の名刺と一緒に水に入れて
しばらく置いておくと、
紙のほうはふやけてボロボロになりますが、
LIMEXはまったく変わらない。

LIMEXは濡れても丈夫なまま。

LIMEXは名刺以外にはメニュー表などに
使われています。

色々な飲食店のメニュー表で
使われているそうですす。

メニュー表にしょう油をこぼしてみます。

スポンサードリンク

シミになっちゃうと思いきや
全然醤油がつきません。

例えばメニュー表を紙で印刷した後、
プラスチックでラミネートしますが、
その必要が一切なくなます。

なので手間も省けるし価格も安くなります。

メニュー表は
紙をラミネート加工した場合と比べて
コストは半分以下に抑えられます。

例えば回転寿司チェーン、スシローの
全国463店舗全店で、すでに使われているそうです。

他にも雨に濡れても平気ということで
屋外用のポスターなどにも使われています。


LIMEX(ライメックス)の素材は石灰石

丈夫でしかも安い。

そんな夢の素材
LIMEX(ライメックス)の秘密はどこに?

それは石灰石!

LIMEXは石灰石でできています。

石灰石はとにかく安くて日本中、
世界中に無尽蔵と言われるくらい豊富。

日本で唯一の自給できる鉱物資源は石灰石。

これに目をつけた山﨑社長が
2014年にLIMEXを開発したのです。

世界中の紙やプラスチックを
代替していける素材開発。

市場としてはとんでもない
地球規模のマーケットです。

LIMEXは製造過程でほとんど水を使わず、
原料が木ではないため環境にやさしい。

さらに半永久的にリサイクルが可能だ
とのことです。


ライメックスのHPはこちら↓
ライメックス


この日のがっちりマンデー↓

【がっちりマンデー】エスニック酒場「ラオラオ」がアツい!もうかる秘密は原価率3%

【がっちりマンデー】こと京野菜の冷凍刻みネギがバカ売れ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ