【ヒルナンデス】鍋を格段においしくするテクニック!白菜、牡蠣、もつ

キムチ鍋

2017年11月27日放送の「ヒルナンデス」で
「鍋を格段においしくする簡単テクニック」
がとりあげられました。

鍋料理はこうして美味しくなる!
最強の鍋マニアマッキー牧元さんの
秘伝の技を紹介!!

スポンサードリンク

鍋を美味しくするひと手間

アンジャッシュの渡部さんが師とあおぐ
グルメ界の重鎮、鍋マニのアマッキー牧元さんに
教えていただきます。

【牡蠣を格段に美味しくするひと手間とは?】

それは大根おろしで洗うこと。

生牡蠣は、余分なミネラルが
ぬめりと生臭さの原因になります。

大根おろしで1分ほど優しく揉むように
洗ってあげると牡蠣のひだにまで入り込み、
生臭さやぬめりが抑えられます。

また、大根に含まれる酵素が、
ぬめりや臭みを落とし、
殺菌もしてくれます。



スポンサードリンク



【白菜を格段に美味しくするひと手間とは?】

数時間天日干しにすること。

白菜は天日干しすることで、
水分が抜けて旨味が凝縮します。

白菜の葉を一枚ずつはがして
ベランダで新聞紙などを敷いてその上に
3時間ほど天日干しします。

さらに、天日干しすると
約20%も糖度が増えます。

白菜は、細かくカットせず、買ってきたまま
葉をはがして干すのがポイントです。



【もつを格段に美味しくするひと手間とは?】

焼酎につけ込むこと。

アルコール類はお肉の臭み取りに効果的。
度数が高いほうがよい。



【そばに置くとお肉を硬くしてしまう食材とは?】

それは春菊。

春菊には牛乳に匹敵する
カルシウムが含まれています。

カルシウムはお肉を硬くさせてしまう
働きがあります。
春菊とお肉の間に豆腐などを入れて
壁を作ればいいそうです。

しらたきはお肉を硬くするといわれてきましたが
日本こんにゃく協会が実験したところ
影響を及ぼさなかったそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ