【ヒルナンデス】冬の洗濯の悩み!早く乾かす方法やニットの上手な洗い方

Yシャツの洗濯

2017年11月27日放送の「ヒルナンデス」の中の
「冬の洗濯の悩みをプロが解決!」。

冬場は外干し?部屋干し?

乾きにくい洗濯物の干し方などを
洗濯のプロ、三共クリーニングの三代目社長に
教えていただきます。

スポンサードリンク

冬の洗濯の悩み

【外干しの洗濯物が乾いているかのチェック方法】

使うのは両手。
厚手の洗濯物を両手ではさんで少し温めます。
そして、湿っていなければ乾いています。

トレーナーなど厚手の洗濯ものが乾いていれば、
他も取り込んで大丈夫。

なお、取り込んだら1つ注意が必要。
すぐに畳まず、1時間ほど室温で少し温めて
収納するとよい。
こうすることで衣類に残っている
微量の水分が抜け、
タンスの中で菌が繁殖しにくくなるそうです。

【外干しと部屋干しのどちらがいい?】

冬は乾燥した風が通る外干しがおすすめ。

さらに紫外線に当てることで除菌にも得られます。

ただ、紫外線で色あせするものは
陰干しや部屋干しの方がよい。

部屋干しする場合は、浴室乾燥機を利用すれば
早く乾き、菌の繁殖を抑えられるとのことです。

スポンサードリンク



【部屋干しで早く乾かす方法】

太めのハンガーと扇風機を使う

厚めののハンガーにかけると襟元に空気が
通りやすくなます。

そして、間隔をあけて干します。

また、洗濯物全体に扇風機の風が
あたるようにすれば、
通常の3倍速く乾かすことができる
とのことです。

シーツの場合は、物干しざおに
二つ折りにしてかけます。

そして、重めのハンガーを中にくぐらせて
(両側から1本ずつ)テントのようにすることで、
風の通りがよくなり早く乾くそうです。

厚手のラグ・毛布などは左右をずらして
先端が下に三角形状になるようにします。

そうすると水が先端から落ちるのでそこをしぼります。

上の部分が乾いてきたら交差を逆にします。



【セーターの上手な手洗い方】

1.少量の液体洗剤と水を混ぜて、
洗濯液を作る。

2.洗濯ブラシに①をつけ、
襟などの汚れが目立つところを
トントンたいて約10分置く。

3.たらいに少量のおしゃれ着用洗剤と
約30℃のぬるま湯を混ぜ合わせる。

4.畳んだセーターを③の中に入れ
30~40回ぐらい押し洗いする。

5.新しいぬるま湯で30回程度すすぐ。

6.2回すすいだら、優しく絞り、
バスタオルで挟んで水分を取る。

7.最後に形を整えて平干しにしす。
乾いたらアイロンのスチームをかけて
風合いを戻せばできあがり

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ