【世界!ニッポン行きたい人応援団】飯田橋 おけ以の餃子の作り方・レシピ!

餃子

2017年11月27日放送の
「世界!ニッポン行きたい人応援団」


おけ以の餃子のレシピを紹介!

スポンサードリンク

おけ以

シーボルトが住んでいた
オランダ・ライデンで暮らす
日本好きのアニークさん。

両親が広重や北斎の大ファン、
大学で日本語を学ぶほど日本好きに。

彼女が一番好きなのは餃子。
そんなアニークさんを日本に招待。

来日して早速向かったのは東京・飯田橋にある
全国の餃子店ランキングで常に上位の
創業60年「餃子の店 おけ以」さん。

お世話になるのは三代目の馬道仁さん。

今回、アニークさんのために
焼くまでに3日は要するという
創業60年のマル秘レシピを公開。



おけ以の餃子の作り方

1.餡を作る。
ボウルに豚バラの粗目のひき肉、
ごま油、塩と胡椒、すりおろした生姜を入れて
20分混ぜる。
豚肉をクリーム状にして1晩寝かせる。

スポンサードリンク

※ごま油を入れることで豚肉にコクがプラスされる。
※しょうゆは入れず塩を入れる

2.白菜は1cm角に細かく刻み
湯通して水で締めたあと絞り袋に入れて
水分を絞っていく。
※そうすることで肉の旨味が入りやすくなる。

3.クリーム状になるまでこねて
一晩寝かせた豚のミンチに
大量のニラと②の白菜を入れて、
手でしっかりと混ぜ合わせ、餡の完成。

4.皮作り。
ボウルに強力粉を入れごま油、熱湯を注ぎ
しっかり混ぜ合わせ
力強くこねて、一日寝かせる
※一晩寝かせることで小麦粉のグルテンを引き出し
モチモチとした食感に。

5.④の生地を伸ばして皮を作る。
※真ん中の部分だけ分厚くするのがポイント。
そうすると詰める時に力が入っても
破けにくくなる。

6.餡を皮で包む。
詰める時のポイントは隙間なく餡を詰めること。
皮と餡の間に隙間が出来てしまうと
旨味が逃げてしまう。

そして包んだ餃子を一晩寝かせる。

包んだ餃子をさらに
一晩寝かせることで餡が熟成され
味がひとつにまとまるとのこと。

7.餃子を焼く
小麦粉を溶いた水を厚さ9mmの
鉄鍋に入れて餃子を並べてゆでる。
ある程度水分が飛んだら蒸す。

最後に焼き目をつけるために
仕上げ油を入れて出来上がり。

焼き上がりまで10分以上。


別れ際、店主の馬道さんが
ユニフォームとレシピをプレゼントしたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ