【スゴ腕の専門外来】竹内先生のひざ痛の予防改善運動!手術は人工骨を入れる

ひざ痛

2017年11月28日放送の
「予約殺到!スゴ腕の専門外来スペシャル9」
の中の横須賀市立市民病院の竹内良平先生
のひざ痛の治療について。

竹内先生考案の
ひざ痛の予防改善運動も紹介!

スポンサードリンク

変形性ひざ関節症

変形性ひざ関節症は
関節のクッションの軟骨が減る病気。

ひざが外側に傾きO脚になり
骨がこすれ激しい痛みが走ります。

患者は約1千万人で、
潜在的な患者は3千万人以上といわれています。

変形性ひざ関節症を患う佐藤さんも
典型的なO脚、炎症で大きく腫れています。

その悩みを解決するのが
横須賀市立市民病院の竹内良平先生。

一般的な手術は人工関節に置き換えますが、
竹内良平先生の手術では人工骨を使います。
人工骨はリン酸カルシウムで作られています。

手術の翌日に歩くことが可能だといいます。

佐藤さんの手術に密着。
左膝の内側は軟骨がほとんどない状態です。

ひざを切開し内視鏡を挿入、
シェーバーで軟骨の表面を削り吸引。

ノミとカナヅチで骨の出っ張りを削り
痛みの原因を除去します。

そして高位けい骨骨切り術を行います。

スポンサードリンク

すねの内側を切開し切れ目を入れ
ノミを打ち込む。

オープナーで骨を真っ直ぐにし
人工骨を骨のスキマに差し込み
プレートで固定し終了。
手術は無事終了。

この人工骨は3年ほどで
自分の骨と同化するそうです。

40日後、佐藤さんは階段も
楽々のぼれるようになっていました。



竹内先生考案のひざ痛の予防改善運動

【ひざ痛の予防改善運動】

【膝を伸ばす運動】
1.床に座る。

2.タオル(長さ100cm)を縦に二つ折りにし
両端を握る。

3.タオルを両足の指先にひっかけ
ひざとかかとを床につけて引っ張る。
※ひざを曲げないように

4.5秒かけて引っ張って5秒かけて戻す。
1日5秒1セット×10回。

これはひざを柔らかく保つために
大腿二頭筋を鍛えて膝を伸ばす運動になります。


【膝を縮める運動】
1.片足のひざを立てる

2.膝を立てた足首にタオルを交差して
巻き付け引き寄せる

3.5秒数える
1日5秒1セット×10回。

ひざ痛をやわらげる運動

大腿二頭筋を鍛えて膝を曲げる運動です。

普段からひざやひざまわりの筋肉を動かすことが
重要とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ