【駆け込みドクター】めまいは耳が原因!新井基洋先生のリハビリや予防法

めまい

2016年2月21日放送の「駆け込みドクター!名医がスタジオ生診断 カラダの不調の新常識SP」

ここではめまいについてめまい対策のスペシャリスト新井基洋先生が改善法や予防法を伝授しています。

スポンサードリンク

青木さやかのめまい

青木さやかは中学生のころ、耳かきをしているときにペットの猫に飛びかかられ、耳かきがささり、鼓膜をやぶったという痛い経験を持つ。

バッと立ち上がって大声を出したあとふらふらするめまいが仕事中に多くあるという。

耳鼻咽喉科の山内敏朗医師によると
「耳掃除をしてるときに鼓膜にドンッと刺さって穴が開くことはあるが、その奥に内耳という場所があり、そこはリンパがたまってる場所で、そこを傷つけてしまうと外傷性外リンパ瘻という病気になる。
それはいきんだときやおこった時にめまいがおこる。

それは診察をしてみないとわからない。
手術で治るケースもありますが、どの程度なのかにもよる 」
とのこと。



めまいの専門外来

深刻なめまい患者が駆け込むめまいの専門外来があるそうです。
それは横浜市立みなと赤十字病院。

年間1万人が訪れるという。

新井基洋先生は20万人も以上のめまい患者を救ってきた、めまい対策のスペシャリスト。


めまいの原因の9割は耳にあるという。
耳にある三半規管や耳石器はバランスを保つ平衡感覚をつかさどる

左右どちらかに機能障害がおこると平衡感覚が不安定になり、めまいをおこすといわれています。

めまいには
視界がグルグルと回転しているように見える回転性めまい
ワフワと宙に浮いているように感じる浮動性めまい
体がゆらゆら揺れているように感じる動揺性めまい
がある。

日本のめまいの患者は600万人で、70歳以上になると2人に1人がめまいやふらつきの症状があるといわれています。

治療方法は基本は薬物治療。
しかし薬物だけでは治らない治療もたくさんあり、リハビリ治療も必要とのこと。

めまいのリハビリ治療の様子を紹介。

小脳は平衡感覚を取りまとめる司令塔。
目や頭を動かすことで小脳の動きが活性化。
すると小脳が不安定なった平衡感覚を修正し、めまいが軽減されるという。

めまいリハビリその①
頭が動かないように左手の人差し指であごを抑え、右手の親指を目で追いながら30度左右に動かす。
車窓の景色を見る時など、目線をかえると起こるめまいに効果的だという。

めまいリハビリ体操

めまいリハビリその②
顔の正面に腕を伸ばし、指から目を離さないように首を30度上下に振る。
急に上をむいた時など頭を動かすと起こるめまいに効果的だという。

めまいリハビリ体操

めまいリハビリ体操

新井式リハビリはそのほか20種類以上の運動があるという。

スポンサードリンク




【めまい予備軍のチェック】

目を閉じ、手を前にのばしてその場で50歩足ぶみをする。
45度以上回わってしまう人
1メートル以上移動してしまう人
はめまい予備軍だという。

スタジオで、新井先生に青木さやかの診断をしてもらいました。

回転が45度以内だったが1メートル以上移動したため
青木さやかはめまい予備軍でした。

めまいの症状がない井戸田潤もめまい予備軍チェックを行いました。

ほとんど移動せず、めまい予備軍ではなかったが、後方に少しさがっていた。
後方にさがるのは、脳の中枢に異常がある場合もあるとのこと。

(まず心配はないと思いますが、脳のめまいが隠れている可能性も少しあるので、今後もチェックして下さいとのことでした。)

スタジオで、新井式めまいリハビリを体験。
1.右手の親指を立てて、顔の前に真っ直ぐのばす

2.目は爪を見たまま頭を左右に動かす。

10往復(20回)を一日3回行う
小脳を鍛えることで、めまいの予防効果もあるとのことです。

※体調に注意しながら行ってください。


感想

わたしも以前、良性発作性頭位めまい症になったことがあります。
寝ようとすると回転するようなめまいに襲われるんです。

病院に行ったら治療法はなく、自然に治るといわれました。
何もしなかったけど、1か月ぐらいで治りました。

でも、小脳を鍛えることで、めまいを改善したり予防できるんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ