【ヒルナンデス】みかんミルクのレシピ!糖尿病などのリスクを減らす

みかん

2017年11月30日放送の「ヒルナンデス」で
「元気になりたいンデス!」は
驚きのみかんパワー編。

みかんのβ-クリプトキサンチンが
糖尿病、脂質異常症などのリスクを減らすことや
みかんミルクのレシピを紹介!

スポンサードリンク

みかんの栄養パワー

内科循環器専門医の池谷敏郎先生に
教えていただきます。



【みかんの栄養パワー】




【実】
ビタミンC→
シミの原因となるメラニン色素の生成を
抑制する働き

スポンサードリンク

【薄皮・スジ】
食物繊維→白い筋はアルデノ、
腸内環境改善効果が期待できる
※白い筋はとらずに食べたほうがいい

【皮】
ノビレチン→花粉症緩和効果が
期待できる



みかんの皮は食べられる

みかんの皮を乾燥させたものは
陳皮(ちんぴ)と呼ばれ
漢方薬の原料の1つになります。

七味唐辛子の材料の1つとして
使用されることもあります。
陳皮茶としてお茶として飲まれることも。



β-クリプトキサンチン

最近注目のみかんの成分
「β-クリプトキサンチン」

β-クリプトキサンチンは
みかん100gあたり1.8㎎含まれています。

生の果物の中ではダントツではいっています。
(次に多いのはぽんかんで1.0mg)

β-クリプトキサンチンは
糖尿病、脂質異常症の発症リスクを
減らす可能性があります。

脂質異常症は、食べ過ぎや運動不足などにより
血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が
増加する症状。

放置しておくと動脈硬化を起こしやすくなり
心筋梗塞、脳卒中のリスクが高くなる
恐れがあります。

1日3~4個食べるとリスクが減る

静岡県に住む30歳?70歳の男女およそ
900人を10年間追跡調査した結果
みかんを毎日3~4個食べる人は、
時々食べる人に比べて
糖尿病の発症リスクが57%、
脂質異常症の発症リスクが34%低くなった
という調査結果がでました。

しかも冬の間にみかんを食べておくと、
β-クリプトキサンチンは体内に長く
蓄積されます。

なのでみかんが食べられない夏でも
血液中に多く残ります。


効率よく栄養を摂る方法

効率よくみかん3~4個を
毎日手軽にとる方法

【みかんミルク】

池谷先生おすすめのレシピ

β-クリプトキサンチンは脂溶性。

なので牛乳、ヨーグルトといった乳製品と
組み合わせると吸収効率が高まります。

『材料』

みかん(Mサイズ)→ 3個
牛乳→ 50ml
プレーンヨーグルト→ 25g

『作り方』

1.みかんの皮をむきミキサーに入れる。

2.①に牛乳、プレーンヨーグルトを加え
約45秒撹拌すればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ