【あさイチ】のどトレーニングのやり方!誤嚥性肺炎を防ぐ

かぜ、のど、病気

2017年12月4日放送の「あさイチ」は
「はやく気づいて!のどの“老化”」。

ここでは誤嚥性肺炎を防ぐ
のどをきたえるトレーニングのやり方を紹介!

スポンサードリンク

40歳くらいからのどは衰え始める

通常、食べ物や飲み物は口から食道に入って
胃に運ばれます。

しかし、のどが衰えると空気の通り道である
気管へ誤って入ってしまいます。

いわゆる、誤えんのことです。

この誤えんを繰り返した結果起きるのが、
誤えん性肺炎。

高齢者の死因の多くを占め、
年間およそ8万人が亡くなっています。

神鋼記念病院の耳鼻咽喉科医
浦長瀬昌宏先生は、
のどの違和感を専門に診察する
嚥下トレーニング外来を担当。

浦長瀬先生によると、40歳くらいから
のどは衰え始めるとのこと。

あごにある筋肉が収縮すると喉頭があがり、
喉頭蓋が動いて、
食べ物などを食道へ流し込みますが
筋肉が衰えると、気管に異物が入って
むせてしまう。

この筋力は少しずつ衰えていくため
自分でも気付くのが難しいといいます。

飲み込む力がさらに衰えると唾液ですら、
きちんと飲み込めなくなってしまい
誤嚥性肺炎のリスクが高まってしまいます。

浦長瀬先生によるとのどの筋肉を鍛えるには、
飲み込む感覚を思い出す。

スポンサードリンク

飲み込む動作というのはおなかの中にいる胎児のときに
羊水を飲んで覚えているそうです。

それを思い出すということを
トレーニングするとよいそうです。

飲み込む力を鍛えると、誤嚥性肺炎予防や、
のどの中を綺麗にできるといいます。



のどをきたえるトレーニング

元プロ歌手の玉澤明人さんは、
のどトレの達人。

現在の本職はボイストレーナーですが、
のどを鍛える教室も開いているそうです。

玉澤さんによると、高齢者でも1か月続ければ
効果があるとのこと。

【のどトレのやり方】

1.のどぼとけの位置を確認する。
女性の場合は首の付け根辺りを指で触り、
徐々に指を上げていき、
1つ目のでっぱりを通り過ぎるとある
でっぱりがのどぼとけ。

2.水を一口含み、指でのど仏に触れ
飲み込んだ瞬間に力を入れてストップし
5秒キープ。

飲み込むための筋肉をゴックン筋と呼ぶそうですが
飲み込んだ瞬間にゴックン筋に力を入れます。

ゴックン筋にきちんと力が入っていれば
息ができない状態になるそうです。

これを1日5秒×6回を目安に行います。

徐々に秒数を伸ばしていくと良いそうです。


【あさイチ】大谷先生直伝!誤嚥予防スムージーのレシピや誤嚥性肺炎の予防法

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ