【何イケ】ほてり、乾燥肌、抜け毛、物忘れ、イライラは更年期障害!?

めまい

2016年2月22日放送の「私の何がイケないの?SP」の中の「女性の悩みを解決更年期障害を克服SP 」

①ほてり②乾燥肌③顔のたるみ④抜け毛⑤尿トラブル⑥物忘れ⑦イライラ
これらの症状は更年期障害なのかそうではないのか。

順天堂大学・小林弘幸医師が診断します。
また、簡単なイライラ解決法も紹介。

スポンサードリンク

更年期障害とは

更年期障害とは45歳~55歳の閉経前の女性がホルモンバランスを乱すことで、身体的・精神的不調を起こすこと。
更年期に入った女性の6割が不安症状を抱えている。

その症状も多岐にわたるため見極めるのはかなり困難。
そこでアラフォー芸能人の更年期障害を徹底診断します。

2月某日、大久保佳代子、光浦靖子、西川史子、千秋、黒沢かずこが集められました。

ここで”働く40代の心と体について本音トーク”という偽企画を行い、トーク内容から彼女らの更年期障害を順天堂大学・小林弘幸医師が診断します。

彼女たちが最近感じる体の悩みは7つ。
①ほてり②乾燥肌③顔のたるみ④抜け毛⑤尿トラブル⑥物忘れ⑦イライラ

これらの症状は更年期障害なのかそうではないのか?

誰でもあるアノ症状は更年期障害?

【①ほてり】
共に44歳の光浦靖子と大久保佳代子は体のほてりに悩んでいる。
光浦は仕事後に発熱すると明かし、大久保佳代子は体温調整ができないとの悩みを伝えた。

判定:更年期障害の可能性あり!

典型的な自律神経の欠如
→体温のコントロールができず、高熱が出る

ホットフラッシュになっているという。
ホットフラッシュとは、運動もしていないにもかかわらず、のぼせたり、顔や首が熱くなってくる更年期障害の代表的な症状。

環境に左右されず、突如訪れるのが特徴。

光浦と大久保は軽度だが、最悪の場合、洗い物をしていると突然、毛穴から大量の汗が滝のように流れ出すことも!
さらに、頭に血が上っている状態のため、少しの刺激で鼻血が出るケースもあるという。


【②乾燥肌】
乾燥肌に悩んでいるのは4人。
光浦の悩み→指先の乾燥による静電気
西川の悩み→スマホが反応しない
黒沢の悩み→スーパーの袋が開かない
大久保の悩み→新聞がめくれない

判定:更年期障害の可能性なし

しかし乾燥には注意が必要。
更年期障害による乾燥肌は、女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因。

更年期障害との見分け方は、指や顔など、部分的なカサつきではなく、全身に乾燥の症状が起こる。

さらに、皮膚だけでなく口が渇いて、食べ物が飲み込めないドライマウスや、目が乾燥して開けられないドライアイなど、粘膜系にも症状が出るのが特徴。

もし、これらの症状がいくつか当てはまったら、更年期障害を疑った方がいいという。



【体力の低下】
西川史子と千秋が感じているのが体力の低下。

千秋は科歩道橋を上っただけで足が震える。車での移動が多く、万歩計で測ったら1日1000歩以下だったという。
また、西川史子も36歩しか歩いてなかった日があったという。

これは更年期障害ではなく、ただの体力不足だった。



【③顔のたるみ】
大久保佳代子が悩んでいるのが顔のたるみ。
ほうれい線が出てきているのだという。

西川史子はヒアルロン酸を打って対策したと明かした。

判定:更年期障害の可能性はなし

単なる老化現象だった。
しかし、老化に悩む事事態が更年期障害の症状でエイジングストレスと呼ばれている。

エイジングストレスとは肌のシワ、たるみなど、老化を受け入れられずに、不安に陥ってしまう症状のこと。

老化を受け入れられずに、ストレスが溜まると、肌に悪影響を及ぼす可能性があるという。若い頃と今を必要以上に比べると、神経質な女性はなりやすいので要注意。


【④抜け毛】
抜け毛に悩んでいるのが黒沢かずこと光浦靖子。

光浦は今年2か月前から異常な抜け毛を経験、黒沢は黒粉を振るほどボリュームがないのだという。

判定:更年期障害の可能性あり!

エストロゲンの減少が、抜け毛や頭皮のコンディションの悪化をまねいている。
更年期障害による抜け毛の特徴は、抜け方にあるとのこと。
部分的に減るのではなく、全体のボリュームが減るのが特徴だという。

そのため初期段階では対策が打ちづらく気づいたときには脱毛がかなり進行しているケースも。


スポンサードリンク


【⑤尿トラブル】

尿トラブルに悩んでいるのが黒沢かずこと光浦靖子。
光浦は1日20回ほどトイレに行き、黒沢はここ10年ほど尿もれシートを使用していると明かした。

判定:更年期障害の可能性あり!

尿漏れは、エストロゲンの減少で、尿道周辺を支えている骨盤底筋が緩んでしまうことで引き起こされる
症状が進むと、歩いたり階段の昇降で尿が漏れてしまうという。

更に光浦は膀胱炎の疑いがあり、黒沢は激太りが原因の可能性があるという。



【⑥物忘れ】

光浦、大久保、西川の3人が悩んでいるのが物忘れ。

西川は先日ハワイに行ったが、4日間の出来事をほとんど覚えてなかったという。

大久保は正月に島崎和歌子らと韓国旅行に行き、韓国サウナで大久保が知らぬ間に島崎の鍵を腕に付けていたという。

光浦は眼鏡をかけているときに、更に眼鏡をかけてしまうことがあると明かした。

判定:更年期障害の可能性あり!
更年期障害は、ホルモンバランスの乱れにより、集中力の低下による物忘れ。

この物忘れは更年期障害の可能性がある。最も大切なのが認知症との差で、軽度な物忘れだと放っておくと認知症の初期症状だったケースもある。

更年期障害の初期症状①
鍵をどこに置いたか分からない

更年期障害の初期症状②
(買い物に行って)目当ての物を買い忘れる

更年期障害と認知症の物忘れの区別。
トイレでの物忘れの場合
更年期障害の物忘れは、その場で流し忘れに気づきますが、認知症の物忘れは、トイレに行ったこと自体を忘れる。
軽度な物忘れだと思って放っておくと認知症の初期症状だったケースああるので要注意!



【⑦イライラ】

今回集まったアラフォー女性の多くがイライラに悩んでいた。

大久保の悩み
相手に悪気がないのに過剰に苛立つ
計算している時間より早く着くタクシーにイライラする

判定:更年期障害の可能性あり!
エストロゲンは、気持ちをやわらげる作用があるので
それがなくなると、イライラしてしまう。

自律神経が乱れ、感情のコントロールがきかなくなる更年期障害。

今まで気にもとめなかったことにイライラし始めたら、更年期障害の危険信号!

偽ロケを行った5人の中でもっとも更年期障害の疑いがあるのは光浦靖子

他のメンバーに比べ該当症状が圧倒的に多く、小林暁子医師によると中でも1日20回トイレに行くというのが気になるという。
エストロゲンの減少により自律神経が乱れ、膀胱が過度に収縮している可能性がある。

小林暁子医師が最新の更年期障害改善法を紹介。
薬は抵抗があるという人も最近ではサプリメント治療があり、女性ホルモンに似た動きをする「エクオール」を摂取することで症状緩和が期待できるとのことです。



簡単イライラ解消法

8歳の一人息子を育ているシングルマザーとして活動している細川ふみえ。
最近はイライラに悩んでおり44歳にして更年期障害の疑いがあるという。

細川ふみえがどんな時にイライラを感じているのかイライラ度を測定できる装置をつけて2日を過ごしてもらい実験。

装置というのは人間のメンタルを計る最先端の超小型計量センサー。
心療内科の医療現場などに使われているそうです。

拍数を上げ気持ちを高揚させる交感神経と心拍数を下げ、リラックスさせる副交感神経を測定。

交感神経と副交感神経が1対1が正常な状態。
イライラすると交感神経を示す部分が増えていく。

詳しい様子は省きますが、細川ふみえが感じたイライラシチュエーションは人と接する時に感じていました。

更年期イライラの共通点は人と接している時
特に人と話をすると交感神経が昂ぶる。

一番のイライラの原因は相手のことを考えたり、時間を気にしたり、そういうことが強くイライラに影響する。
とはいえ日常生活では必ず人と接して生活しなければならない。

どうすればイライラを解消できるのか?
年間4000人以上診察する更年期障害のプロ小林暁子医師が簡単イライラ法を伝授。

イライラ解消法「貧乏ゆすり」
体のリズムを一定に動かすと交感神経が安定する。

イライラ解消法「ため息」
英科学雑誌Natureで発表された。
吐くときに倍の時間をかけるとリラックスする。
1:2呼吸法
4拍で吸って倍の8拍で吐く

ちなみに最近では心拍のゆらぎでストレスを可視化できる「COCOLOLO」というアプリも登場しているとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ