【スッキリ】名店「こなから」の本格おでんの作り方!大根は中をくり抜く

おでん

2017年12月14日放送の「スッキリ」の「スッキリtouch」。

ミシュラン掲載の人気店、
おでん専門店「こなから」が、
家庭でも作れる本格おでんのレシピを紹介!

スポンサードリンク

ミシュラン掲載のおでん専門店「こなから」

今回おでんの作り方を教えてくれるのは、
こなから本店の料理人、赤荻一洋さん。

こなからは、関西風の出汁がきいたおでんを
提供。

ミシュランビブグルマンに4年連続選ばれた
人気店。


♪————————-♪
お店:こなから 本店
住所:東京都文京区湯島1-9-6
♪————————-♪

おでんの具材

おすすめおでんの具材。

【こなから肉団子再現レシピ】

いれるだけでおいしくなるおでんの具。

『材料』
鶏ももひき肉→ 300g

黒コショウ→ 1.5g

濃口しょうゆ→ 25g

すり黒ゴマ→適量

『作り方』
1.材料を全てボウルに入れこね、丸める。

おでんに直接入れるとアクが出るので
下茹でするのがおすすめ。

2.沸騰したお湯に濃口しょうゆをひと回し入れたお湯で
ゆでる。

5分ほど茹でて肉団子が浮いたらできあがり。



【ずいき】

とくにおすすめ食材がずいき。

里芋やハスイモなどの葉と茎の間の部分。
高知県や九州地方で栽培が盛ん。

スポンジ状になっていて
味が染みるのでおいしいそうです。

くせがないのでダシの味が
いきるのだそうです。

スポンサードリンク

【ずいきの下準備】
手で皮をむき、固い部分は包丁で切り落とす。
あとは食べやすい長さにカットするだけ。



【大根】

大根が100倍美味しくなるプロの技

1.皮をむき適当な厚さに切って
面取りする。

2.えぐみをとるため
米のとぎ汁で1時間下ゆでする。

3.だしで煮る前に真ん中をくりぬく。
出汁に触れる表面が増え
味が染みやすくなります。

お弁当用の型抜きでもできます。



プロ直伝 本格おでんの作り方

火の通りにくいものから
順番に入れていきます。

『材料』
肉だんご

ちくわぶ

ゆで卵(ゆでたもの)

大根

さつま揚げ

はんぺん

がんもどき

こんにゃく

里芋(下ゆでしたもの)

ずいき

『作り方』
1.鍋にだしを入れる。
【スッキリ】プロ直伝の美味しさアップのおでんのだしの取り方、レシピ!

2.味が染みにくい大根、卵、こんにゃく、
昆布、ちくわぶを入れる。

3.具を入れてから火をつけ
40分ほどかけて煮ていく。

また、グツグツさせない。

コトコト煮ることで
煮崩れを防ぎます。

3.40分後に団子、ずいき、練り物などを入れ
10分ほど煮る。

4.人肌くらいまで冷まし、
食べる前に温め直せばできあがり!



美味しさアップのおでんのだしの作り方はこちら↓
【スッキリ】プロ直伝の美味しさアップのおでんのだしの取り方、レシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ