【バイキング】温活ダイエット!石原新菜医師おすすめ痩せやすい体質に

ダイエット

2016年2月25日放送のフジ「バイキング」のひるたつのコーナーで「温活ダイエット」がとりあげられました。

体を温めれば痩せられる!温活ダイエット徹底解説!
解説していただいたのは石原新菜先生。

スポンサードリンク

温活ダイエットのスペシャリスト 石原新菜先生

ダイエットをしているのになかなか体重が落ちなかったりします。
その原因はもしかしたら体の冷えにあるかもしれません。

それを教えてくれるのは

「冷えをとれば9割治る」など30冊以上の著書を出版。

さらにその著書は海外でも翻訳され、出版されているというイシハラクニック副院長の石原新菜先生。
体を温めれば痩せられる!
温活ダイエットのスペシャリストです。


体を温めれば痩せられる

痩せやすい体の理想の平熱は36.5~37.2℃。

体温が高いほど代謝が活発になります。
代謝というのは糖分や脂肪分を燃焼させ、エネルギーに変えること。

スポンサードリンク

体温が高いほど代謝は活発になり、痩せやすい体になるとのこと。

体温が1℃上がると代謝は13%も上がります。

代謝13%というのは1日で男性では約195kcal、女性では約150kcalをなにもしなくても消費sます。
=ウォーキング1時間分の運動量に相当します。

美肌効果
体温が上昇すると女性ホルモンの分泌が活発になり美肌効果を高まり、美しく痩せることができる。
血行が良くなり肌のハリも出てきます。

効率的に体温を上げるには、腹巻きを使うとよい。
腹巻を1枚するだけで全身が温まって耐寒温度が1度上がるというデータもあるとのこと。

上着を1枚多く着るよりもはらまきをした方が温まる。

お腹には大切な臓器が集中しているので、お腹が温まると全身が温まる。

夏場も冷房などで冷えるので冬だけでなく一年中腹巻きはつけていた方が良いとのこと。

薄めの腹巻きもあるそうなので、夏場はそういうのを使うとよい。

体を冷やす食品のおすすめ(体を冷やさない)調理法。
加熱や塩を加えるのが良い
加熱や塩を加えると、食品の体を冷やす作用を弱める
塩は新陳代謝を上げる働きがある

痩せにくい体になるNG行動
痩せるためにグリーンスムージーを飲むのはNG

トマト・ナス・もやし・キュウリ・大根・豆腐・こんにゃくなどは体を冷やす食品なので
摂り過ぎると体が冷えて代謝が落ちてしまう。

酵素やビタミンやミネラルを取るためには良いのですが、体を冷やして代謝を下げてやせにくくする可能性がある。
根菜類やリンゴやオレンジなどならよいそうです。


感想

冷えはダイエットにもよくないんですね。
実は腹巻とかもっていなんで購入してみようかな。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ