得損!家事えもんのレシピ チーズホイコーローとタピオカ風スイーツ

チーズホイコーロー

2016年2月25日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の家事えもんが伝授!「かけ算レシピ」の紹介!

冷蔵庫の余り物と意外な食材をかけあわせてつくるかけ算レシピ。 

みそ×ウーロン茶→チーズホイコーロー

マシュマロ×コンニャク→タピオカ風スイーツ

スポンサードリンク

チーズホイコーロー

かけ算レシピ①
みそ×ウーロン茶

本格的なホイコーローといえば、みその香ばしい風味と野菜のシャキシャキした食感が醍醐味。

これは強い火力で炒めることで出せるものだが、火力の弱い一般家庭ではなかなか難しい。 

しかし、今回、家事えもんが家でも弱い火力を補い、本格的なホイコーローを作るワザを披露!

2つの大きなポイントがあるのです。

【チーズホイコーローのレシピ】

チーズホイコーロー

『チーズホイコーローの材料』(2~3人前)
キャベツ→    4~5枚
ピーマン→    2個
豚肉→      150g
プチトマト→   6個
とろけるチーズ→ 120g

『特製ソースの材料』
八丁味噌→    大さじ2(家にある味噌で代用可)
中濃ソース→   小さじ1
中華スープの素→ 大さじ1/2
ウーロン茶→   大さじ2
にんにく→    小さじ1
ごま油→     小さじ1

『チーズホイコーローの作り方』
1.キャベツとピーマンを切る

シャキシャキ感を出す野菜の切り方で、キャベツとピーマンを切る。

キャベツ
柔らかい葉の部分は、少し大きめに切る。
芯の部分は、斜めに薄くカットすることで、葉の部分と一緒に炒めても均等に
火を通すことができる。

ピーマン編
ヘタと種を取るためにお酒の瓶のアルミ製のふたを使うと簡単に取れます。
ピーマンの上部の中心に、フタをねじ込み、中でしっかりクルクルとまわす。
数回まわした後に、フタを引き抜けば、フタにヘタと種がキレイに付いて出てくる。

ピーマンのヘタと種を取る

ピーマンは、斜めに包丁を入れる。
そうすることで、切り口が広くなり、短時間で火を通すことができ、
野菜のシャキシャキ感が生まれる。

2.フライパンでお肉を炒める。

3.肉に火が通ったら、①の野菜を入れ炒めていく。

4.特製オリジナルソースを作って加える。
普通のおみそに、香ばしさを加えるためウーロン茶を入れる。
さらに、中濃ソース、中華スープの素、ニンニク、ごま油を入れ混ぜれば、特製ソースの完成。

フラパンのすみをあけ、鍋肌にソースを加えて少し焦がす。

ソースを焦がすことで香ばしさが増す。

チーズホイコーロ―

5.プチトマトととろけるチーズを入れて、チーズがとろけたらチーズホイコーロ―のできあがり!

チーズを加えると味がまろやかに。子どもが食べやすくなる。



スポンサードリンク

タピオカ風スイーツのレシピ

かけ算レシピ②
マシュマロ×コンニャク

【タピオカ風スイーツのレシピ】

タピオカ風スイーツ

『タピオカ風スイーツの材料』(1個分)
シュークリーム   1個
バナナ       1/3本
りんご       1/8個
板コンニャク(黒) 1/3丁
コンニャクの臭み抜き(砂糖大さじ3・水200ml)
マシュマロ(ミニ) 10個(適量)

『タピオカ風スイーツの材料』
1.コンニャクを5ミリ角に切り、水をはったボウルに入れて、600Wで3分ほどレンジで加熱する。

コンニャクを細かく切り、タピオカ風の食感に! 

コンニャクを電子レンジで温めると臭みが取れる

2.加熱したコンニャクは、一度お湯を捨て、砂糖大さじ3を加える。
さらに水を加えて、再び600Wのレンジで1分間加熱する。

3.シュークリームの上の部分を切り落とす。
切った部分をさらに小さく切り、耐熱容器の下に敷き、その上のシュークリームを入れる

4.シュークリームの中に、砂糖を加え1分間レンジで温めたリンゴと輪切りにしたバナナを入れる。さらに、先ほど5ミリ角に切って、臭みを取ったコンニャクも入れる。

5.最後に、マシュマロを細かく切って乗せ、オーブンで4分焼けばタピオカ風スイーツのできあがり!

タピオカ風スイーツ

スタジオの皆さんもおいしいと絶賛していました!



得ワザ!牛乳とバニラアイスとグミでいろんな味のムース

家事えもんのレシピではないですが、この日に紹介された得ワザをついでに紹介します。

「牛乳とバニラアイスとグミで、簡単にいろんな味のムースを作ることができる!」


【簡単ムースのレシピ】

ムース

『ムースの材料』(1個分)
グミ→      8個
牛乳→      80cc
バニラアイス→  大さじ2

『ムースの作り方』
1.器にお好みのグミを8個入れ、電子レンジ500Wで20秒加熱する。
加熱後、よくかき混ぜる。

ムース

使うグミは、食感の柔らかいソフトタイプのものを使う

2.牛乳40ccを入れて軽く混ぜ、もう一度電子レンジ500Wで20秒加熱する。

3.電子レンジから取り出し、さらに牛乳40ccを入れ、アイス大さじ2を加えてよく混ぜる。
器の下を見て、グミの溶け残りがないように、よくかき混ぜる。

4.あとは、冷蔵庫で1時間冷やして固めればできあがり!

グミの味を変えるだけで、いろんな味のムースが楽しめる!

グミの種類によって、固まりにくいものがあります

【解説】
ムースが、フワフワの食感に仕上がった理由は、
通常のムースが細かな空気を含むメレンゲを使いフワフワにしているのに対し、
このムースは、市販のアイスクリームに含まれている空気を利用し、
その空気を“グミ”に含まれているゼラチンで閉じ込めていたから。

※市販のアイスクリームには、食感や口どけをよくするため、中に空気を含ませている。

まとめ

この日(2月25日)に放送されたほかの記事はこちら!
得損!家事えもんが保冷剤で消臭剤&オネえもんズが靴箱の収納術

家事えもんがガラステーブルをピカピカに!【得する人損する人】

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ