【林修の今でしょ!講座】冷凍時短テク!トマトの皮むき・角煮・飴色玉ねぎ

トマト

2016年3月1日放送の「林修の今でしょ!講座 3時間SP」の中の
「冷凍庫学~冷凍すると美味しくなる食材を大発表!~」。

冷凍庫学を教えてくれるのは東京海洋大学教授の鈴木徹先生。

ここでは冷凍庫学で学ぶ時短テクについて紹介!

スポンサードリンク

冷凍庫学で学ぶ時短テク

トマトの皮が一瞬でむける!


【冷凍トマトの皮むきのやり方】

トマトソースを作る時、トマトの皮をむくのって面倒ですね。

しかしトマトを凍らせるだけであっという間に皮むきができる冷凍法があるのです。


【トマトの冷凍法】

トマトを丸ごとラップに包み、密閉式ビニール袋に入れ冷凍庫へ。


【冷凍トマトの正しい解凍法】

→水洗い解凍

冷凍トマトとボウルに入れた水を用意する
冷凍トマトを水に10秒浸ける
トマトを取り出し手で皮をむくだけ!

一体なぜ?
冷凍することで果肉と皮を繋ぐ組織が崩れることで皮がむけやすくなります。
一方トマトの皮自体は組織が強いため簡単には崩れません。

ただ、解凍すると柔らかくなるのでサラダには向かない。

スポンサードリンク



4時間かかる角煮が80分!

豚の角煮は煮込み時間がおよそ4時間ぐらいかかります。
鍋を火にかけて作りますがその間目が離せなくて外出もできなくて面倒。

しかし、豚肉を凍らせるだけで煮込む時間が3/1の80分に短縮される。

一体なぜ?
生の豚肉は細胞のすき間がないが、冷凍すると組織が柔らかくなり
細胞の隙間が大きくなる。
それで味が染みやすくなるのです。

冷凍すると時短になって柔らかくもなる。
まさにいいことづくしですが、冷凍方法にちょっとしたコツが。


【豚肉の正しい冷凍法】

→下味冷凍

醤油、味醂、酒などを入れた密閉式保存袋に豚肉を入れて冷凍する


【豚肉の解凍方法】

凍ったまま鍋に入れて煮込むだけ

いきなり圧力鍋に入れても大丈夫!
圧力鍋を使えばもっと時短に。



玉ねぎがたった5分で飴色に!

飴色の玉ねぎを作るにはおよそ1時間炒め続ければならず面倒。
ところが凍らせるだけで炒める時間がたった5分に!

一体なぜ?
玉ねぎの90%は水分。
早く調理するためにはいかに水分を早く抜くことが重要。

生の玉ねぎは細胞が密集して水分が出にくい。
しかし、冷凍すれば細胞が破壊され水分が出やすくなる。

ただ、温度を上げると焦げるので弱火で炒めるとよい。

玉ねぎは特に乾燥しやすいので冷凍するときはラップをすることが重要。

丸ごと冷凍しても数分おけば切れる状態になるので、それからみじん切りにすればよい。

この方法さえ知っていれば
ハンバークやカレーなどの時短にもなる!



感想

特に玉ねぎの冷凍はいろいろ使えて役立ちそうですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ