【ヒルナンデス/東海道五十三次】大正庵釜春のもろこしうどん!岡崎市のカクキュー八丁味噌

東海道五十三次

2018年1月12日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」。
の紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都・三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!

徳川家康生誕の地、愛知県岡崎宿に到着後、
岡崎市民に愛される名物・もろこしうどんを探しながら
約15キロ先の池鯉鮒宿へ向かいます。


【カクキュー八丁味噌】

八帖橋近辺で江戸時代から370年以上続く老舗
カクキュー八丁味噌をみつけ、立ち寄ります。

最近は鉄板やきカレーや八丁味噌のどてカツなどの
ご当地グルメが楽しめる人気のスポットに。

大正時代から使われている味噌蔵は
見学することもできます。

味噌蔵では1桶に約6トンの八丁味噌が
仕込んであるそうです。

八丁味噌は一般的な味噌より水分が少なく
濃厚なうま味が特徴。

木桶に仕込んで天然醸造で
2年以上熟成させています。


スポンサードリンク



【大正庵釜春 新安城店】

愛知県で創業37年のうどんの名店。
大正庵釜春・新安城店に到着。

名物のもろこしうどん(850円)。

うどんはお店特製の
コシのある特製の手打ち麺を使用。

その上にスイートコーンをたっぷり乗せ、
醤油ベースのとろとろ餡をかけてある
岡崎市民のソウルフード。

「とうもろこしのプチプチした食感が良い」と
浜口京子さん。

「お出汁がめちゃめちゃおいしい。
とうもろこしの甘みが加わって最高」と江上敬子さん。

♪————————-♪
お店:大正庵釜春 新安城店
住所:愛知県安城市篠目町4-22-5

大正庵釜春は岡崎市を中心に7店舗。
♪————————-♪


【知立神社】

愛知県知立市、池鯉鮒の松並木を通過して
日本橋から330キロ離れた池鯉鮒宿に到着。

知立神社は三島大社・熱田神宮と並ぶ
東海道三社のひとつとして数えられた名社。

池鯉鮒(ちりゅう)宿という宿場名は、知立神社の御手洗池に
鯉や鮒がたくさんいたことが由来となっているとのこと。

次は鳴海宿のおすすめスポット、
豊明市の花き市場へ向かいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ