【名医のTHE太鼓判】寝起きの腰痛を予防するダンゴムシポーズの方法!

腰痛

2018年1月15日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
「腰痛・肩こり解消!トリガーポイントを探せば ゆがみリセット」。

寝起きの腰の痛みを解消する
ダンゴムシポーズを紹介!

スポンサードリンク

腰痛の解消法

骨盤に重度のゆがみが見つかった
2人目は榎木孝明さん。

レントゲン検査の結果からわかったのは
骨のトゲ。

骨のトゲは骨棘といわれ、
椎間板の変形により骨同士がぶつかって
変形し尖ってしまう。

尖った骨が神経を刺激し
腰痛の原因となります。

榎木孝明さんは
毎日リクライニングチェアで
寝ていました。

そして、コルセットを欠かさず付け、
猫背矯正のために棒術を行ってました。

神戸克明先生によると
長時間のコルセットは腰回りの筋肉を
細くしてしまうため、
なるべく外した方がいいとのこと。

スポンサードリンク

腹巻など保温効果のあるもので
血流を良くして腰痛を防ぐ方がよいそうです。



寝起きの腰の痛みを解消する方法

腰痛が起こりやすいのは朝の寝起き。

そこで神戸克明先生が実際に行っている
解消法を伝授してくれました。

【ダンゴムシポーズ】

1.仰向けに寝る。

2.足を抱え込み10秒キープする。

3.3回繰り返す。

寝る前にダンゴムシポーズを行うことで
筋肉が伸び、足の血流もよくなって
快適な寝起きにつながるとのことです。



その他の名医のTHE太鼓判の記事はこちら↓
【名医のTHE太鼓判!】利き尻を解消する方法!ギックリ腰の予防にトリガーポイント

【名医のTHE太鼓判】背骨のゆがみにイルカ体操!岡田紗佳の慢性肩こり改善

【名医のTHE太鼓判】ストレートネック改善にペンギン体操!安めぐみ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ