【スッキリ】自宅でも気軽に作れる!簡単フルーツブーケの作り方!

フルーツブーケ

2016年3月3月放送の日テレ「スッキリ!!」のピンナップのコーナーで「フルーツブーケ」がとりあげられました。

フルーツを花束のように盛り付けたもので、プレゼントとしても注目されています。

ただお値段が1万円以上と高価。

そこで2000円以下で作れる初心者でも失敗しないフルーツブーケの作り方を紹介!

スポンサードリンク

フルーツブーケとは?

今、プレゼントとして注目されている“フルーツブーケ”。

発祥は1999年に米国の花屋さんが花の代わりにフルーツでブーケを作ったことから。

その後日本でもフルーツブーケを扱うお店が少しずつ増え
先月には千葉市にフルーツブーケ専門店「Fruit-bouquets.com」ができました。

こちらでは6種類のフルーツブーケを店舗やインターネットで販売。
(※配送は都内限定)

オレンジ、パイン、バナナ、金柑、リンゴをアレンジメントしたBloomin (ブルーミン)という“フルーツブーケ”はお値段1万8200円~。
千葉県産の大粒イチゴ31個をぜいたくに使ったAmour (アムール)は1万1000円~。

1つ1つていねいに手作業で作るので、どうしてもお値段が1万円以上に。

これは手がちょっと届かないという方もいるはず。

実は“フルーツブーケ”は購入するだけでなく、手作りをしてお誕生日のプレゼントなどに送る人も増えているとのこと。

そこで2000円以下で作れる初心者でも失敗しないフルーツブーケの作り方を
プレジールパティシエ・小島裕奈さんが紹介!

簡単フルーツブーケの作り方

【バラの花束のようなイチゴのブーケ】

材料費2000円以下で自宅で簡単に作れるフルーツブーケ

フルーツブーケ

スポンサードリンク

『材料』
大きめのイチゴ→13個
パセリ→3束
チョコレート→100g

『道具』
竹串
マグカップ
はさみ
生け花用の給水スポンジ(100円ショップにも売っている所があります)
※道具と材料全部で約1730円

フルーツブーケの材料

『作り方』
1.土台作り
水にひたした給水スポンジをマグカップの形に合わせて切る

2.マグカップに給水スポンジを入れて土台を作る

3.パセリを切る
※茎(枝分かれ)に合わせて切るとよい

4.パセリをさして土台を仕上げる
パセリは芯がしっかりしているためさしやく初心者でも取り扱いやすい

5.飾りつけ
イチゴをバラのようにカットする

上下に4ヶ所ずつ切り目を入れるだけ
・下側4ヶ所を四角くなるように切り目を入れる
・上側4ヶ所を四角の向きが下側と被らないように切り目を入れる

6.カットしていないイチゴにチョコレートをディップする
ここではいちご4個にディップ。
半分ぐらいつけるとよいそうです

フルーツブーケ イチゴにディップ

※準チョコレートを使用するとよい
(市販などで売られている板チョコなども準チョコレート。
原材料に植物性油脂が含まれてるものを使うと“テンパりング”をしなくても使える
テンパりングとは温度を調節しながらチョコレートを溶かすことによって固めた時にきれいな光沢を出す技術
→ただし調節が難しく失敗すると見栄えが悪くなってしまう。
準チョコレートを使えば電子レンジで30秒ずつ様子を見ながら溶かすことでできる)

7.一番上にくるものからさしていく
※今回のブーケは3段に飾りつけするため、一番上にくるものは、イチゴ3つ分の高さに串が見えないようにさす
ここでは2段目にチョコをディップしたイチゴを飾りつけしています。
竹串が見えないように上からイチゴを寄せ合いながら刺していきます。
1個→ディップしたイチゴ4個→8個


感想

誕生日のプレゼントにケーキは定番なので、フルーツブーケをつくってあげたりすると新鮮でていいかも!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ