【ごごナマ/助けて!きわめびと】便秘解消に効く体操と呼吸法!小林暁子

便秘、トイレ、女性

2018年1月19日放送の
「ごごナマ 助けて!きわめびと」は
「 腸~スッキリしたい!」。

ここでは小林暁子先生の
便秘に効く体操と呼吸法の紹介!

スポンサードリンク

便秘に効く体操と呼吸法

2人目のきわめびとは
便秘専門の外来を開設されている
現役医師の小林暁子さん。

便秘に効く呼吸法と体操を
教えていただきます。



【ワンツー呼吸法】

吸うのを1、はくのを2で呼吸する

例えば4秒吸って8秒で吐くを3~4回繰り返す。
吐く方を細くゆっくりと行います。

4秒吸って8秒で吐くが難しい人は
3秒吸って6秒吐くなどでもよい。

ワンツー呼吸法は緊張した状態から
一瞬で副交感神経を高めることができます。

緊張する場面の前の場合は
回数をもう少し増やしても。


【就寝前タッピング】
触るか触らないかぐらいの軽さで
頭皮からに顔に
リズミカルにタッピングする。

スポンサードリンク

交感神経が上がり、リラックスできます。

人前で緊張を解きたいというときは
さりげなく足の辺りとか手首などを
タッピングするといい。

重要なのはリズムが一定であること。
リズムは、好きなリズムでいいそうです。



【お腹つかみ&骨盤まわし】

体の外側から腸の動きを活発化させるエクササイズ。

大腸の左右のわき腹と下腹の四ケ所に
便がたまりやすくなります。

外からいい刺激を与えてあげることで
ぜん動を活発にします。

1.足を肩幅ほどに開く。

2.右手は腰骨から4~5cmぐらい下のところをつかみ、
左手は一番腰のくびれてるところを
しっかりぐっとおさえる。

3.まずは時計回りに骨盤をぐるぐると回す。
逆方向も回す。

小林先生の腸のもみほぐし


4.手を逆にして時計回り、逆まわりを行う

小林先生の腸のもみほぐし



【体幹ツイスト】

1.仰向けに寝る

2.足は伸ばして、手は楽に軽く広げる。

3.まず右側の脚を胸のほうに近づけて直角にする。

4.そのまま反対側に左側のほうに倒していく。

5.10秒程度たったら元に戻す。

6.逆足も同様にも行う

両足10回程度やるとよい。

負荷をかけたければ足を傾けている側と
反対に顔を向ける。

痛くてできない人は
座った状態で体をひねり
左手で右足をつかむだけでも
効果があるとのこと。

ねじれさせる、ひねらせることが
重要とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ