【あさイチ】砂糖活用術!きゅうりの脱水や水溶き片栗粉に!レシピも

砂糖

2018年1月22日放送の「あさイチ」は
「基本の調味料シリーズ 驚き!砂糖マジック」。

いろいろな砂糖の活用術を紹介!

スポンサードリンク

砂糖活用術

少しの砂糖で料理が
ぐっと美味しくなります。

【きゅうりの脱水】
日本獣医生命科学大学客員教授の
佐藤秀美さんによると
きゅうりは塩でもまなくても
砂糖でも脱水することができるそうです。

ただ、砂糖の方が少し時間がかかるので
ほんのすこし塩を入れてやると
よいそうです。

こうすると減塩効果もあるとのこと。

また、魚の臭みとりにも効果があります。


【こんにゃくの味の染み込みをよくする】
また、こんにゃくにも砂糖で
脱水効果があるので
こんにゃくの味の染み込みを
よくすることができます。




2017年9月放送の「ガッテン!」によると、
ポリ袋に砂糖とコンニャクを入れて、よくもむ。

するとコンニャクの水分が出てきます。

もともとコンニャクは多くの水分を含んでいますが、
そこに砂糖をかけると、浸透圧により、
コンニャクの内部は脱水された状態になります。

そこにダシに入れると、
ダシが染み込みやすくなります。


スポンサードリンク



【水溶き片栗粉がかたまらない】

水とかたくり粉を溶いて置いておくと
固まったりします。

そんな時、水溶き片栗粉に砂糖を入れると、
固くならないで柔らかく使えるようになります。

『分量』
かたくり粉・水→各大さじ1
砂糖→ひとつまみ

分量を混ぜるだけです。


砂糖を活用したレシピなど













スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ