【たけしの家庭の医学】認知症改善にハチミツと歯みがき!LPSを減らす

はちみつ

2018年1月23日放送の「名医とつながる!
たけしの家庭の医学」のなかの
「認知症を引き起こす原因物質」。

スポンサードリンク

認知症の原因物質

急増してる認知症。

認知症が発生する原因物質の1つが判明し
大きな期待が寄せられています。

論文を出したのはイギリスにある
セントラルランカシャー大学。

10名の認知症患者の脳を死後、解剖すると
4名の脳から共通する毒素「LPS」が
発見されたのです。

国立循環器病研究センターを訪れ、
猪原匡史先生に話を聞きます。

LPSは誰の身体にも存在しているが、
何らかの原因で異常に増えてしまうと
脳細胞などで炎症が発生し、
認知症が発症するといいます。

LPSが増加している人は身体のある部分から
独特なニオイを発しているといいます。

そのニオイとは口臭。

認知症の新原因LPSが多い人は
口から特殊なガスが発生。

それは朝一番、
寝起きに最も強く検出されるとのこと。

LPSとは体内の常在菌が出している毒素で
血液にのって脳へ運ばれると炎症を起こし、
認知症のリスクを高めます。

ニオイは口の中でも常在菌が
毒素を出しています。

LPSと同時にニオイも発しているため
口臭が指標となります。

口の中には健康な人でも
約2000億の常在菌がおり、
その一部の悪玉菌(歯周病菌など)が
LPSを出しています。

しかし、認知症患者全員に
口臭があるというわけではない
とのことです。



予防のカギを握る生き物は「ミツバチ」

スペインの大学で発表された研究論文で
LPSにより炎症を起こした細胞に
ハチミツを投入すると50%抑制できたとのこと。

LPSを研究している九州大学の武洲先生によると
ハチミツに含まれている「フラボノイド」が
LPSを撃退できる成分であるといいます。

「フラボノイド」は主に植物などに含まれ、
ウィルスなどを撃退する強い抗菌力を
持っていると言われています。

スポンサードリンク

ハチミツのフラノイド
①体内でLPSの働きを低下
②炎症を鎮め元通りに




ハチミツで認知症を予防できるか検証

検証に協力してもらうのは田沼さん。

検証前の血液中のLPS量は0.004EU/ml。

【検証のルール】
【ハチミツを毎日摂取】

①LPSを減少させるためにハチミツを
毎晩スプーン1杯を摂取、

LPSが増加するのは寝ている間なので
寝る前にはちみつを摂取して予防

糖分が多いのでとりすぎには注意


【歯磨きをしっかりしてもらう】

②口の悪玉菌を除去するために
3食の後すぐに歯磨きを行う



この2つを5日間を行い改善されるか検証。

田沼さんははちみつを紅茶に入れたり、
牛乳に入れたりして摂取していました。

また、歯磨きは今まで朝は寝起きに、
夜は寝る前にみがいていたそうですが、
毎食後なるべ早くみがきました。




5日後、
LPSのガスの数値は、
958から233まで減りました。

血液中のLPSの量は
0.004から0.003で
少しですが低下していました!



【たけしの家庭の医学】血管の老化防止に亜鉛!卵や粉チーズ、ゴマで改善

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ