【サタデープラス】こじるりが蒸ししょうがで生活で体温&免疫力UP!

蒸ししょうが

2016年3月5日放送の「サタデープラス」の中のドクタープラスは「小島瑠璃子が激変!10日間蒸ししょうが生活で体温&免疫力UP!

冷えを改善して健康に!名医が薦める万能スーパー調味料 蒸ししょうがの紹介!

スポンサードリンク

体温が低下している

ここ数年、日本人の体温は年々低下傾向にあるといいます。

1957年には36.9℃あった日本人の平均体温が2012年には36.2℃に低下。

そんな状況に警鐘を鳴らすドクターが。

石原新菜ドクター「体温が1度下がると、免疫力って、約30%落ちるんです。
体温が下がると、体としては熱を逃がしたくないので、血管がぎゅっと縮まるんです。
そうすると血行が悪くなります。
血行が悪くなるということは、臓器の不調を招きます。
体温が低くなると、病気にかかりやすくなります。」

そう語るのは、イシハラクリニック副院長、石原新菜ドクター。

親子2代にわたり、冷えが及ぼす影響を研究し続ける、まさに低体温のエキスパート。
そんな石原ドクターの白衣の下にはなんと腹巻き。
お風呂に入るとき以外は、24時間、365日、腹巻きをしているとのこと。

石原新菜ドクターの平熱は36.9℃とやっぱり高め。

そんな石原ドクターが、体温アップ効果に太鼓判を押す調味料が蒸しショウガ

蒸しショウガとは、生のショウガを加熱してから乾燥させ、粉末状にした調味料。
この蒸しショウガには、低体温の改善に絶大な効果を発揮する秘密が。

石原ドクター「熱を加えることによって、ショウガのジンゲロールが、ショウガオールに変わるんですね。
このショウガオールという成分が、体をより温める成分になります。
ショウガを加熱することで生まれる、ショウガオールという成分は、胃腸を直接刺激し、体の中から熱を生み出す働きがあります。」

石原ドクターによると、生のショウガや酢ショウガに比べ、蒸しショウガの温め効果は、10倍にもなるんだとか。

石原ドクター「私はみそ汁に入れたりとか、あとはおそばとかうどんとか、あとはお鍋に入れたりしてますね。」

石原ドクターは、さまざまな料理に蒸しショウガをちょい足し。
食卓に欠かせない存在なんだとか。

スポンサードリンク



蒸ししょうがの作り方

『食材』
生姜→適量

『作り方』
1.皮付きのまま薄切りに。

できるだけ薄く切ったほうが速く乾燥するので、しっかり乾燥させるため、できるだけ薄く切る

2.トレーに重ならないように並べる。

3.100℃のオーブンで1時間加熱。

蒸ししょうが

4.ミキサーやすり鉢で粉末状にすればできあがり。

蒸ししょうが

常温で3か月は保存可能。

蒸ししょうが

小島瑠璃子 10日間の蒸しショウガ生活

中学の時から、体中にカイロを張って過ごしてきたというこじるり。
よく風邪をひくとのこと。

この日、起床後、午前、午後、夜と、4回計測したこじるりの平均体温は35.9度。
やはり冷え冷えの低体温。

さらに、詳しく調べてみると血液検査である事実が判明。
NK細胞(免疫細胞)が248/ul(正常値290)と少なく、免疫力がかなり下がっていたのです。

NK細胞とは、ウイルスやがん細胞を退治する働きがある、極めて重要な免疫細胞。

なんとこじるりは、そのNK細胞の数が正常値より低かったのです。

石原ドクター「体温が上がると、免疫細胞は活性化するんですね。

体温が下がると、その免疫細胞の活性は下がるので、(風邪を引き易いのは)低体温が原因の可能性が高いですね。」

そんなこじるりの低体温を改善すべく、蒸しショウガを1日小さじ1杯、10日間取り続けてもらうことに。

さらにこじるり同様、低体温に悩む30代から50代の女性3人も、蒸しショウガ生活に挑戦してもらいます。

10日間1日小さじ1杯の蒸ししょうがを摂取。
粉末状の蒸し生姜を、普段の食事や飲み物にプラス。

蒸しショウガの魅力の一つは、万能性。
ほっかほっかのごはんに振りかけたり、ドレッシングに混ぜて、サラダにかけてもよし。
さまざまな料理の程よいスパイスにぴったりなんです。

10日間チャレンジした結果!
なんと
35.9℃ → 36.5℃に。
NK細胞の数も290/ulに上がって正常値までアップ。

こじるりも
手先が冷えなくなった気がする。
体調もすっきり良くなった!
といっていました。

こじるりのおすすめは、コーンスープ。
混ぜて食べるとおいしいそうです。

石原ドクター「10日間で、これだけ上がってたらすごいですよね。
やっぱり体が温まったので、免疫が活性されたということです。
蒸しショウガをしっかり取ることによって、1、2か月で体温を1度上げることも可能です。 」

10日間蒸ししょうが生活チャレンジした結果!
・30代の女性 林さん:35.9℃→36.4℃

・40代の女性 川世さん:35.8℃→36.4 
階段の上り下りとか、今まで汗かかなかったが最近はすごく汗をかくようになったとのこと。

・50代の女性上原さん:35.4℃→36.2 
冷えて寝るときも靴下が手放せなかった上原さんは、今では靴下要らず。

3人全員、平均体温が36度台にアップ!


感想

しょうがが体を温める効果があるのは知っていましたが、蒸すっていうのはしたことなかったですね。
私も体温が低くいつも手足が冷たいのが悩み。

蒸ししょうがは作るのに1時間ほどかかりますが、オーブンがやってくれますしね。

これはやってみる価値ありそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ