【サタデープラス】オリーブオイルで体温を上げる!松生恒夫先生おすすめ

オリーブオイル

2016年3月5日放送の「サタデープラス」の中のドクタープラスは「名医が実践!超手軽に体温アップ!スーパー調味料オリーブオイル

腸のスペシャリスト松生恒夫ドクターが実践するオリーブバナナとは!?

スポンサードリンク

オリーブオイルで体温アップ!

この日のドクタープラスは松生恒夫先生のオリーブオイルの前に蒸ししょうがが特集されていました。

参考までにこちらです↓
【サタデープラス】こじるりが蒸ししょうがで生活で体温&免疫力UP!

しかし、もっと手軽に体温アップできる調味料があるそうなんです。

本当にお手軽な体温アップ法を教えてくれるのは、松生クリニック院長、松生恒夫ドクター。

腸のスペシャリストとして、4万人以上の患者を診てきたスーパードクターは、腸の冷えがいかに危険かを訴えます。

松生恒夫ドクター「冷えによって腸の機能が落ちてしまいますので、その結果、免疫機能が落ちてしまう。ですから長生きしたければ、絶対冷やしちゃいけないわけですね。」

そんな松生ドクターが実践する、手軽に体温アップを期待できる調味料とは?

診察の合間、ドクターが欠かさず飲んでいるのはあったかいココア。

おや?何かを取り出し、ココアにちょい足ししていますね。
なんでしょう?

それは、オリーブオイル。

松生ドクターお勧めの温め調味料、それはオリーブオイル。

松生恒夫ドクター「オリーブオイルは、最強の温め調味料なんです。

これまで、オリーブオイルに関する本を多数執筆している松生ドクターは、ふだんからこのちょい足しを実践。

スポンサードリンク

オリーブオイルで体温がアップするのはなぜ?

松生恒夫ドクター「オリーブオイルには、保温持続効果があるわけです。
温かいものと一緒にオリーブをとっていただくと、ぽかぽか効果が持続するわけです。」

オリーブオイルを入れただけで、本当に保温効果が上がるの?
そのパワーを、検証してみることに。

ミネストローネにオリーブオイルを入れたものと入れないもの。

それぞれを食べたあとの体の表面温度を観察。

すると、測定開始直後は、体の表面温度にほとんど差はないものの、1時間後にもう一度測ると、オリーブオイル入りを食べたあとのほうが断然ぽかぽか。

一体なぜ?
松生恒夫ドクター「油には、油膜を作る性質があるんですね。

特にオリーブオイルには、その油膜が薄く均一に広がるんですね。

このため、ふたをされたような状況になりますので、保温持続効果が生まれてくるわけですね。」

そう、オリーブオイルの温め効果の理由は油膜。
同じ油でも、サラダ油の油膜は、広がる範囲が狭い。

ところがオリーブオイルは、体内で薄く均一な油膜を張り、熱を逃さないふたの役割を果たすという。

つまり、温かいものと一緒にとることがオリーブオイルの保温効果を発揮するポイント。

そこで松生ドクターがお勧め料理を伝授!


オリバナナのレシピ

スーパードクターが実践する最強コラボメニュー、オリバナナ。


【オリバナナの作り方】

オリバナナ

『材料』
オリーブオイル→大さじ1
バナナ→1本

『作り方』
1.フライパンにオリーブオイルをひきます。

2.輪切りしたバナナを入れて約3分炒めます。

3.両面焼いて焦げ目が付いたら完成。

オリバナナが最強な理由
オリゴ糖と食物繊維が豊富なバナナは、腸内環境を整える。
オリーブオイルの保温効果も加われば、免疫力を高める健康メニューに!


感想

温かい料理にオリーブオイルをちょい足しするだけでいいなら
めちゃめちゃ簡単にできますね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ