手づくりビジネスが人気!minne(ミンネ)の儲かる理由【がっちりマンデー】

ハンドメイド

2016年3月6日放送の「がっちりマンデー!!」は「儲かる手づくりビジネス 」

「手づくり」と聞くと、「儲かり」とは程遠いイメージですが、今、市場規模は8000億円越え!
ハンドメイドのアクセサリーや洋服など、今手作りビジネスが大盛り上がりなのだそうです。

フェイクスイーツのカリスマ きせんえりかさんやハンドメイドマーケット minne(ミンネ)の人気の秘密などを紹介!

スポンサードリンク

フェイクスイーツのカリスマ きせんえりかさん

手づくりで儲かってる人を探してやってきたのは毎年東京ビッグサイトで開かれる「2015年日本ホビーショー」

3日間の来場者数13万人を誇る巨大イベント。
材料や道具などあらゆる関連グッズが勢ぞろい。

中でもひときわお客さんを集めてたのがフェイクスイーツというハンドメイドの作を取り扱っているブース。

フェイクスイーツとは本物にしか見えない作り物のお菓子。
その第一人者の氣仙えりかさん。

どれを見ても本物そっくり。

フェイクのケーキ
【フェイクのケーキ】

ごく普通の主婦だった氣仙さんですが、その出来があまりにすばらしいと話題になり
自分の作品だけでブースを出展するまでに。

ここでは即売もしているようなのですが、3日間で500万円売り上げたとのこと。

どんな感じで作ってるのか実際に見せてもらいます。

使うのは樹脂粘土。

【チョコミントアイスの作り方】
1.緑のペンで樹脂粘土に色をつける

フェイクのアイス

2.なじませちぎりながら混ぜていく
3.細かい茶色の粘土を入れ、再びちぎりなじませる
4.スプーンに入れて端をタワシでたたいてザラザラ感を出す
取り出すとアイスに。

フェイクのアイス

5.余った粘土を先に接着剤を塗った木のスプーンですくい
金具をつけるとチョコミントアイスのアクセサリー完成!

フェイクのアイス

さらに氣仙さん。
手づくりフェイクスイーツの技を教える教室も開いているのです。

東京都江東区豊洲シビックセンターなど全国17か所。
さらには海を越え台湾にまであるとか。

受講料1回2800円~で大好評とのこと。


スポンサードリンク

人気サイト ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)

手作り業界で一番盛りあがってる場所。
それはインターネットの中。

作り手さんの作品を売り買いするサイトが多数存在。
minne、tetote、Creema、iichiなど、
どこもぐいぐい急成長。

中でも、出品数ナンバーワンのminneは、年間210万点の商品を誇る人気サイトで、
昨年だけで44億円もお金が動いてるとのこと。

minne
https://minne.com/

何でこんなに儲かっているのか。

ミンネのシステムを考えたGMOパパポ(株)の阿部雅幸さんに聞いてみると
「物づくりされてる方ってインターネットの知識のない方が多い印象だったので、スマホ専用のアプリを作って…。」

スマホ専用のアプリを開発したことでパソコンが苦手な作り手さんが集まった。
スマホのアプリなので作った作品の写真をとってアップするのが簡単。

買う人は気に入った商品があればminneに代金を払う。

お金と物のやり取りの間にミンネを挟むので何かと問題になる「物が届かない」「お金が払われない」といったトラブルが少ない。

ネットはちょっと不安だなという人でも安心な仕組みをつくることで、ミンネは流通額が前年比4倍と急成長を遂げたのです

ミンネが儲かる仕組みですが、作品の売り上げの1割を手数料としていただくというルール。

ミンネのサイトには素敵な作品を次々と出品し出せば飛ぶように売れる「作家さん」と呼ばれる人たとがいるらしい。

こりゃまた儲かってそうってことで都内にお住まいの作家さんのもとへ。

こちらの双子姉妹はH&J Galleryという名前で活動中。

ちょうど造花をあしらったかわいらしいマグネット付きの置物を制作中。
完成した作品がこちら。

置物
3個まとめて1000円。

一番最初に売れたのがバルーンモビール。
リビングなどに飾るインテリア雑貨。

バルーンモビール

鮮やかな色彩が人気を呼び累計3000個も売れたというヒット商品。

ほかにも壁にかけて使える2wayアクセサリー収納棚などが売れ筋。

お二人いわく、売れる作品づくりのコツは手作り感を前面に押し出すこと 。

3年前にスタートしてこれまでに1万点を売り上げました。


minneの作家養成アトリエ

さらにミンネでは新たな人気作家さんを生み出そうと自ら育てる取り組みを行っているそうで、スタッフが常駐している作家さん養成用のアトリエがあるとのこと。

都内世田谷区の世田谷ものづくり学校。

ただいま写真をきれいにとるためのレクチャー中。

スタッフ「ここから写真撮影のお話しに入っていきたいと思います。
明るさが本当に重要です。
明るさが足りないとまずクリックしてもらえないですね。…」

写真の出来は売り上げに直結するので、参加者の皆さんたちの目は真剣そのもの。

あとはレフ板があるほうがきれいにとれる…などの話。

ほかにも
スタッフ「値段をつけるときにちゃんと利益をつける形でその原価に対して3~4倍の値段をつけましょう、というのが一般論です。」

値段の付け方も教えてくれます。

ミンネの利用者の9割以上が女性。

スーパーの安売りには敏感でも自分で物に値段を付けるなんて経験には乏しい。
原価や経費を計算した適正な価格のつけ方もレクチャーしてくれるのです。


感想

手づくりビジネスってそんなに人気なんですね。
自分が作ったものを人が買ってくれて、それで収入になるのならこんなにうれしいことはないですね。

ただみんながうまくいくとは限らないようですが…。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ