【バイキング】和食HAL 山下春幸シェフの絶品家鍋「すき焼き」のレシピ

和食HAL 山下春幸シェフの家鍋

2016年3月9日放送の「バイキング」の「今晩マネできる一流シェフの家鍋」。

今回は東京港区にあるHAL YAMASHITA 東京のエグゼクティブシェフ 山下春幸シェフが、お家で食べている「すき焼き」のレシピを紹介!

スポンサードリンク

今夜すぐマネできる!一流シェフの家鍋

名店の一流シェフは、家でどんな鍋を食べているのか?

牛脂の代わりにバターを使ったり、ハチミツを加えた割り下、そしてトマトを一緒に煮込むことで特売品のお肉でも高級肉に大変身するシェフ自慢の家鍋。


【山下春幸シェフ すき焼きのレシピ】

和食HAL 山下春幸シェフの家鍋

『材料』(4人分)
割り下の分量
はちみつ→20g
濃口醤油→ 180cc
本みりん →100cc
日本酒 →80cc
三温糖→ 160g
昆布→ 6g

『具材』(4人分)
赤身牛肉→ 400g
無塩バター→ 100g
トマト→ 2~3玉
ごぼう→ 2本
椎茸→ 5個
白ネギ→ 2~3本
玉ねぎ→ 中2~3個

スポンサードリンク

『作り方』
1.鍋に無塩バターを溶かす
バターで焼く方が牛脂より脂っこくなく仕上がる
割り下に塩分があるので無塩の方がよい

2.バターが広がり十分に溶けたら、肉の端に軽く焼き目がつくまで焼く

3.そこで割り下を鍋肌からゆっくりと加える
割り下にハチミツをいれると肉が柔らかく仕上がる

4.最初にカットしたトマトを加える
トマトの旨みが出しのかわりになる
トマトの酸味がすき焼きの甘さをサッパリさせ、味に深みが増し肉の味が引き立つ

5.その後ほかの屋氏を加える(ネギ・椎茸・玉ねぎ・厚めの笹掻きに切ったゴボウを加える)
ゴボウは厚めに切ることで味が染み込みすぎず、美味しくなる

6.一煮立ちさせ、仕上げに春菊を乗せればすき焼きのできあがり!

すき焼きのシメ

和食HAL 山下春幸シェフのシメ

『具材』(4人分)
牡蠣加熱用→ 12個
白米→ 400g
三つ葉→ 少々
黒胡椒→ ひとつまみ
ゆず→ ひと削り
パルミジャーノレッジャーノ
(ハードタイプのチーズ)200~300g
生卵→(鍋を食べた時に余ったものでOK)

『作り方』
1.牡蠣を入れて炊いたご飯に鍋で余ったお肉をのせ、さらに鍋の余った出汁をかける
 (事前にシメ用にとっておき、煮込み直してもOK)

2. 三つ葉(ひとつまみ)、黒七味(ひとつまみ)、ゆずの皮(ひと削り)、
 パルミジャーノレッジャーノ(ひと削り)をそれぞれ振りかける

3.仕上げに鍋を食べた時に使った生卵を少量たらせばできあがり!



感想

シメがかなり豪華ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ