春野菜のおいしい選び方!キャベツ、玉ネギ、そら豆など【ソレダメ】

春キャベツ

2016年3月9日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」で「春野菜の目利き 」がとりあげられました。
キャベツ、玉ネギ、そら豆、ウド、アボガド、グレープフルーツの春野菜のおいしい選び方!

スポンサードリンク

おいしい春野菜の目利き

日頃私たちが何気なく選んでいる野菜には美味しさや鮮度に大きく差があることを知っていますか?
どうせ買うならよりよい野菜を選びたいですね。

築地で野菜仕入れて32年。
仲卸業を営む西太の岡本光生さんが野菜の目利きを伝授!


【おいしい春キャベツの選び方】

春キャベツは水分が多いものが美味しいので同じ大きさなら重い物を選ぶとよい。
芯の大きさが500円玉より小さいものが良いという。
芯が500円玉より大きいものは成長しすぎている。

これから温かくなってくると成長が早くなる。
そうするだんだんととがって三角になってくる。
これは花を咲かせて種を残そうと芯が大きく成長しているため中身がスカスカになる。(とう立ち)



【おいしい新たまねぎの選び方】

新たまねぎは水分が多い重いものがおいしい。
また、外の葉が乾燥しているものが良い。

芽が出ているものは鮮度が落ちている。(収穫してから時間がたっている)

不自然に頭が綺麗になっているものは芽を切っている可能性がある。
春野菜はすぐたべるのがソレマルだという。


スポンサードリンク


【そら豆の選び方】

そら豆は、さやが空に向かって育っていくため「そら豆」といわれる。

完熟なのは背の部分が黒く、未熟なものは緑になっている。
完熟は水分が少なくポクポク、未熟は柔らかくシナシナした食感で好みだという。

そら豆の皮は食物繊維が豊富なのでできれば皮ごと食べるのがソレマル。
ソラマメの栄養素は水に溶けやすいためさや事調理することで栄養素を逃がさない。



【新鮮なウドの見分け方】

ウドは酢味噌あえや胡麻あえなどの料理で独特の苦みと春の香りを楽しむ食材。
1本300円ほどで手に入ります。

ウドは、表面に産毛がびっしり生えているものが新鮮だという。
ウドは土の中で育つため茎の部分は白いが日に当たり鮮度が落ちると白色から緑色に変色する。

なので茎の部分が白いものが良い。



【アボカドの見分けかた】

アボガドは未熟な状態で収穫し追熟させる果物。

完熟は黒く、未熟は緑色になっている。

さわったときに親指の付け根ぐらいの硬さのものが食べごろ。



【グレープフルーツの見分け方】

グレープフルーツは1本の枝にちしてぶどうの房のように実をつけている。

形がよく丸いものが太陽をまんべんなく浴びているため美味しい。
形がいびつでとがったものは急激に成長したため丸いのに比べたらおいしくない。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ