透明ポテトチップス&インスタント麺が生麺にのレシピ【得する人損する人】

ポテトチップス

2016年3月10日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の坂上忍の『得ワザ?損ワザ?の紹介!
透明ポテトチップス&インスタント麺が生麺にのレシピの紹介。

スポンサードリンク

透明ポテトチップス


【透明ポテトチップスのレシピ】

写真は後ほど

『透明ポテトチップスの材料』
じゃがいもをふかしたもの→2g
片栗粉→25g
水→350g
サラダ油→1g
塩→少々

『作り方』
1.材料をすべてミキサーに入れてしっかり混ぜます。

2.①をフライパンに入れて弱火でドロドロになるまでかき混ぜながら煮込む。

3.約7分後、白く濁った液体が半透明になってくる。

白く濁った液体が半透明になるのは、「ジャガイモ」と「片栗粉」に含まれる“でんぷん”が関係しています。
温められるとでんぷん一つ一つに隙間ができ、そこに水が入ることで全体が膨らみ、透明になってくる。

4.半透明になった液体をクッキングペーパーの上に流し込み、120度に予熱したオーブンで1時間加熱する。

5.150度の油で5秒揚げる。

6.最後に油を落とし、軽く塩をまぶしたら完成!

【坂上ジャッジ】損ワザ!

理由は「ポテトチップスがたいしておいしくなかった…」

スポンサードリンク

今回の味付けは塩だけだったので、ちょっと物足りない味だったが、
コンソメや青のりなどで風味をつけるとおいしくいただけるようです



インスタントラーメンに重曹を加えるとふっくらモチモチ!生麺


【インスタントラーメンが生麺のレシピ】

「インスタントラーメンに重曹を加えるとふっくらモチモチ!生麺のようになる」

安くておいしくて、簡単に作れるインスタントラーメン。
そのまま食べても十分おいしいけど
生麺タイプのラーメンと比べると、食感に物足りなさを感じる、という人もいるのでは?
でも、重曹を使ってゆでれば、生麺に変身するのです。

『材料』(1人分)
インスタントラーメン →1袋
お湯 →500ml
重曹→小さじ2

『作り方』
1.わかしたお湯に、小さじ2杯の重曹を入れて溶かす。

2.麺を3分ゆでる。

3.器にスープと麺を移して完成!

重曹はえぐみがつくので、
スープは別皿に、別の新しいお湯で用意しておく。

ポイントは“かんすい”という成分。
かんすいとは、炭酸ナトリウムを90%以上含む物質で、
中華麺を作るときに欠かせないもの。

このかんすいを入れることで、ふっくらモチモチにしあがる。

インスタントラーメンの麺にも、元々はかんすいが含まれているが、

高温の油で揚げて、水分を飛ばすとき、一緒にかんすいも失われてしまうので、
本来のコシやモチモチ感が失われてしまう。

なぜ重曹を使って作ったインスタントラーメンは、
かんすいが含まれていないのにふっくらモチモチなのか?

それは重曹がお湯の中でかんすいに変化するから。

【坂上ジャッジ】得ワザ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ