珍しい自動販売機!湘南クッキー自販機とドライブイン七興【黄金伝説】

自動販売機

2016年3月10日放送の「いきなり!黄金伝説。」の中の「お客さんが集まる珍しい自動販売機」

変わったものを売っているのになぜかわざわざお客が集まる珍しい自動販売機。

風変わりなのに人気な理由。そして1日の売上げはいくらか体を張って調査!

スポンサードリンク

群馬・藤岡市のドライブイン七興

全国の変わった自動販売機の1日の売り上げを1日貼りこんで徹底調査する。
一箇所目は群馬・藤岡市。

春日俊彰と若林正恭は群馬・藤岡市にあるドライブイン七興を訪れた。

ドライブイン七興

オリジナルのステッカーやキーストラップが売っていた。
ステッカーやキーストラップ、実はマニアの間では人気があるそうです。

ハンバーガーの自動販売機は群馬のメーカーが作っていて全国に十数台しかないという。

特にベーコンポテチーバーガーは5カ所でしか販売していない超激レアバーガー。。

ベーコンポテチーバーガーとチーズバーガー(200円)を買い試食した。
チーズバーガーは意外にもお肉は肉厚。

チーズバーガー

若林「これで200円はお得」

ベーコンポテチーバーガーは焼いたハッシュドポテトにチーズとベーコン。
そこにオーロラソースがかかっていた。

を食べ若林は「常連になっちゃうのわかる これ美味しい」とコメント。

だが、ドライブイン七興の一番人気の自動販売機はハンバーガーではなかった。

全国から人が集まるドライブイン七興にはどんな人が来るのか、売り上げはいくらなのか偽自動販売機の中に隠れながら夜まで張り込み。

スポンサードリンク

1人目の人は「チャーシュー麺」を買っていてよくここに来るという。

その後家族連れなど。

4時10分には自販機のオーナーの木村さんが麺の補充にやってきた。

自販機のチャーシュー麺は自家製でチャーシューメンと天ぷらうどんを木村夫婦が作っているとのこと。

チャーシューは国産豚肩ロースを使用。
つぎたしたしょう油ベースのタレで2時間煮込んだ絶品のこだわりチャーシューです。

おととしまで自販機コーナーの隣に30年以上続いた夫婦の食堂があった。

ご主人が一時期病気で休んでいたため心配した息子がお店を閉めてしまった。

そのときのチャーシューのタレを使っているという。

チャーシュー麺を食べ若林は「うまい!チャーシューがうますぎてスープと麺が追いついてない」などとコメント。

調査結果、来客数は48人 売り上げは4250円であった。



神奈川・平塚市の湘南クッキー

激売れする自販機を求めココリコの遠藤と田中が神奈川・平塚市の湘南クッキーを訪れた。

この自販機コーナーは30台あり同じジャンルの商品を扱っていた。

偽自販機に隠れて1日かけて調査。

湘南クッキーのクッキーは隣の工場で製造。

このクッキー自販機、神奈川県で約150カ所ほど設置されていて
地元では大人気の自販機。

人気の理由は80円という安さとその美味しさ。

売上ダントツナンバーワンのこの店舗。
1日に3回クッキーを補充し作りたての美味しさを提供しています。

さらにこの店舗だけしかない激売れする仕掛けがあった。

人気の秘密は「九助」。

九助というのは業界用語で「十に満たない九だから九助」
製造中に出るB級品のことだという。

われたり形が崩れたもの以外にもチョコチップが1個多いだけでB級品に。

正規品であれば1440円で販売しているクッキーの詰め合わせも
九助だと200円で販売。(九助は缶には入っていない)

九助を常に買えるのはここだけとのこと。

湘南クッキーの1日の売り上げは4万300円であった。 来場者75人。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ