腸内フローラを整えるには善玉菌とエサ!小林弘幸先生【モーニングショー】

腸内フローラ

2016年3月9日放送のテレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」で「心身の健康を左右する腸内フローラ」がとりあげられました。

腸内フローラについて解説してくださったのは順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生。

小林先生は腸内環境のスペシャリストで、担当する「便秘外来」予約5年待ちとのこと。

その小林先生が腸内環境を整えるための方法を紹介してくれました。

スポンサードリンク

心身の健康を左右する腸内フローラ

腸内フローラとは何のことでしょうか?
フローラは日本語に直すとお花畑。

腸内には、さまざまな細菌が分布しており、
その様子がお花畑のようであることから、フローラと呼ばれるようになりました。

人間の腸内には、1000種類・1000兆個以上の細菌があるとのこと。
この細菌の重さは、なんと1.5kg~2kg(500mlのペットボトル3~4本)ぐらいあります。

腸内はたくさんの細菌がいるのでいつも陣取り合戦が行われているとのこと。

腸内にいる細菌は、大きく3種類の細菌に分けることができます。

腸内の3大勢力
善玉菌→ビフィズス菌、乳酸菌など
悪玉菌→病原性大腸菌、ウェルシュ菌など
日和見菌→バクテロイデスなど

日和見菌とは、環境によって善玉菌の味方をしたり、悪玉菌の味方をしたりする菌のことです。

この3種類の菌の理想的な腸内細菌のバランスは
善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

悪玉菌も必要なの?と思いますが、これは組織と同じで、
うるさくいう人(悪玉菌)がいないと、働き者の人(善玉菌)もさぼってしまうのです。



腸内フローラが整うといいことだらけ!


【腸内フローラが正常化すると腸の動きが活性化】

腸の動きが活性化すると快便に。
快便が続くことによって肌がツルツルになる。


【今がピークの花粉症も】

腸内フローラが整うとアレルギー症状が改善
小林先生が実際に診察した患者さんのうち、腸内フローラを整えたら3割もの方のアレルギー症状が改善したのだそう。

アレルギー症状は、腸内環境の乱れがその反応を強くしてしまうのだそうです。
だから花粉症になったりするわけで、腸内環境が安定すると、アレルギー反応を抑えることができるのです。


【心の健康に欠かせない】

幸せホルモンが分泌されて気分がポジティブに。

幸せホルモンと呼ばれているセロトニンという物資は、実は腸内で作られているもの。
環境がいいとセロトニンがどんどん分泌される。

なので腸内環境を整えることでうつの人ももうつ症状などが軽減したりする。


【腸が活性化され、体中に栄養が行きわたる】

一番のダイエットは腸内環境を整えること。

腸内環境が整えられると、食べたものの栄養がそのまま細胞に入っていく。

けれども悪玉菌が多い状態だと、悪玉菌が硫化水素やアンモニアなどの有害な毒素を多くだし、栄養を吸収しにくくなってしまう。

栄養になれなかったものは、皮下脂肪や内臓脂肪に行って太ってしまう。

少ししか食べてないのに、どんどん太っていってしまうというのは、腸内環境が悪いのかもしれません。


スポンサードリンク

どういう生活をすると腸内フローラが乱れるの?

【肉食ばかりの食生活】

極端にお肉ばかり食べる生活をしていると、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=1:4:5のバランスになってしまうとのこと。

このようになると、便秘気味になったり、便やおならの臭いが強くなったりします。
そしてさらに悪玉菌が増加し、負のサイクルになってしまう。

【運動不足&間食ばかりの生活】
運動不足&間食ばかりの生活を続けていると、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=0.5:5:4.5というバランスに。

このようになると、下痢にも便秘にもなりやすくなります。
さらに病気のリスクが高まり、
最悪の場合、大腸がんになってしまうこともありえるとのこと。


ヨーグルトだけでは足りません

腸のために毎日ヨーグルトを食べているという人は多いと思います。

しかし、ヨーグルトを食べることは体にいいことなのですがヨーグルトだけでは足りない。

ヨーグルトは菌なので、菌が生きていくためには、エサをあげないといけない。


【小林先生直伝!腸内フローラ活性法】

『様々な菌を摂取する』
小林先生は、腸内フローラを活性させるために、様々な菌を摂ることを意識しているそうです。

①善玉菌の種類を増やせ

ヨーグルト→ビフィズス菌
納豆→納豆菌
みそ・醤油→乳酸菌
キムチ→乳酸菌
甘酒→乳酸菌

様々な菌を体内に取り込むとお互いに活性化しあうのだそうです。

②善玉菌を育てろ

善玉菌にはエサが必要
エサとして好物なのが食物繊維。

食物繊維というと、野菜類・根菜類と思います。
野菜などでも悪くはないのですがさらにいいのは果物・海藻。

食物繊維には水溶性と不溶性があり、野菜は不溶性食物繊維。

不溶性は、水に溶けにくいので、便のかさは増えますが詰まってしまい、
便秘が悪化してしまうこともありますので注意が必要です。

小林先生がスーパーフードとしてオススメするのが、冷や飯。

冷や飯はちょっと食べにくいという方はおにぎりに。
おにぎりにすると、冷や飯でも抵抗なく食べることが出来ますよね。

冷や飯は、難消化性のデンプンを含んでいます。
このデンプンは、胃や小腸で消化吸収されず、大腸にまで届。

つまり難消化性のデンプンには食物繊維と同じ働きがあります。
また、インシュリンが高くなるのを抑える働きもあるため、体にはとてもいいとのこと。



【ダイコンヨーグルトドリンク】

小林先生が、実際に毎日飲んでいる腸内フローラを活性化するスペシャルドリンク
は“ダイコンヨーグルトドリンク”。

『大根ヨーグルトの材料』
大根おろし:1
ヨーグルト:4
1:4の割合にする
ハチミツ

『大根ヨーグルトのレシピ』
1.大根おろしとヨーグルトを混ぜる
2.お好みでハチミツを加えれば完成

大根は水溶性と不溶性の食物繊維のバランスが非常によい。
さらに、ここにハチミツを加えることで、ハチミツに含まれるオリゴ糖が善玉菌のエサになり、さらにパワーアップする。


③善玉菌をとる極意

腸のゴールデンタイムを狙え!

ヨーグルトというと朝食べるというイメージがありますが
夜寝る前にとるとよいとのこと。

もちろんいつ食べても腸に良い食べ物ですが、効果的なのは夜寝る前。
寝る前というのは、1日のうちで腸がもっとも安らぐ時間でもあります。

そういうときが腸の吸収が活発になっているので、就寝前のほうが受け入れやすいのだそうです。



【小林先生直伝!腸内フローラ活性体操】

腸内フローラを活性化させるには、適度な運動も必要になってきます。

1.右手は骨盤のすぐ上、左手は肋骨のすぐ下に置く
2.手をモミモミしながら腰を左右に8回ずつ回す

腰が痛い方は、揉むだけとかすこしねじるだけでも効果的。

大ざっぱですが体操の手の位置はこんな感じです↓
腸内環境

腸は、内側からも外側からも鍛えることが必要。
内側から鍛えるのは食事、外側からはこの体操で。
小林先生も外来患者さんに、必ずこの運動をするように勧めているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ