【サタデープラス】ポリ袋で作るパン!梶晶子先生の世界一簡単なパン教室

フライパンでパン

2016年3月12日放送の「サタデープラス」の中のスタディープラスは「世界一簡単なパン教室

教えてくださるのはパン作りの本も出版する梶晶子先生。

ポリパンといってポリ袋でパンの生地を作り、フライパンやトースターで焼く超お手軽パン。

スポンサードリンク

大人気!梶晶子先生のパン教室

パン作りというと
・部屋が汚れる
・広いスペースがいる
・片付けが大変
・力がいる
・オーブンが必要

というイメージがありますが
そんな常識を覆すパン教室があるのです。

パン作りの本も出版する目から鱗のテクニックに人気殺到の「世界一簡単なパン教室」

講師は梶晶子(かじあきこ)先生。

最大の特徴は『ポリパン』と『フライパン』。

ポリ袋で生地を仕込むので、台所がよごれずアウトドアでもできるポリパンは、
手軽にパン作りを楽しめる簡単な手法。

オーブンではなく、フライパンやトースターを使って焼き上げます。

♪————————-♪
西荻窪 happy DELI
世界一簡単なパン教室
2.5時間4,000円
月に12回開催
♪————————-♪

スポンサードリンク

簡単!ちぎりパンのレシピ

『材料』
強力粉→300g
水→160g
砂糖→大さじ2
塩→小さじ2/3
天然酵母→大さじ2
(ドライーストでもo.k)

『作り方』
1.分量通りの材料をポリ袋へ入れる

少し空気を入れるのがポイント

2.袋に入れた材料を振って混ぜる

3.約3分でパン生地完成!

4.袋のまま、一次発酵へ
倍の大きさになるまで置いておく。(今の時期なら8時間)
容器などにいれて、目印をつけておき、2倍になるまで待ちます。

パン教室

赤ちゃんのほっぺのやわらかさ

5.生地を適当な大きさ切り分けて成形。
細長くして半分に折り、端を真ん中に折り曲げる
そして生地の表面を滑らかにする
お好みでゴマなどを表面につけてもo.k

6.フライパンに生地を並べ蓋をして二次発酵

パンは下火が強い方が美味しく焼ける

7.50分後二次発酵が完了!
さらに、大きくなります

8.強火で30秒、弱火で10分焼く

パン

9.ひっくり返してさらに10分焼けばちぎりパンのできあがり!


お手軽!フォカッチャのレシピ

>フォカッチャ

『材料』
強力粉→100g
薄力粉→50g
水→80g
砂糖→小さじ1/2
塩→小さじ1/3
天然酵母→大さじ1
オリーブオイル→大さじ2
好みの具→適量

『作り方』
材料をポリ袋に入れて振り、生地にする。

アルミホイルに生地を広げてほったらかして発酵。

オリーブオイルと好みの具をのせてトースターで焼いたら出来上がり。

※フォカッチャの方はあまり作り方が説明されなかったので
何分焼くとかは不明です。



感想

フライパンでできるので本当に簡単ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ