オシッコで病気を発見!腎臓病予防のモズク料理のレシピも【主治医】

もずく

2016年3月14日放送の「主治医が見つかる診療所」
今回は、「オシッコでここまで分かる!オシッコで病気を早期発見SP 」

このオシッコの色や泡立ち方から、様々な病気を見つける方法をご紹介。
さらに、腎臓を守り、腎臓病を予防するもずくを使った番組主治医オススメの料理も登場!

スポンサードリンク

おしっこの異変で病気が見つかった人たち

オシッコは腎臓で血液がろ過されてできるものであるため、血液の様々な情報を含んでいる。

オシッコで分かる病気…膀胱炎、腎臓病、肝臓病、尿路結石、尿路感染症、前立腺肥大症、貧血、心臓病、脳の病気、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんなど。

オシッコがサインを発していたにも関わらずつい放置してしまったため心筋梗塞を発症してしまった方を取材。

2009年(62歳の時)、心筋梗塞を発症した秋山さんは30代半ばの頃、会社の健康診断で起立性タンパク尿が出ていた。

起立性タンパク尿は長時間立ち続けた後や運動した後などに出るタンパク質が混ざったオシッコの事。

ところが毎年、タンパク尿を指摘されていたが、特に痛みもないからと精密検査を受けず放置。

最初にたんぱく尿が出てから30年後、心筋梗塞に。
秋山さんの場合、左腕がもぎ取られるような痛みを感じ病院へ行き、直ちに入院。
カテーテル治療で一命を取り留めた。

秋山さんの腎臓は当時、2/3が機能不全になっていた。

腎臓の機能が低下すると高血圧&活性酸素で動脈硬化が進み、心筋梗塞と脳卒中のリスクが増えるという。



1998年(56歳の時)に病気が発覚した伊藤さんのケースを紹介。
当時、経営していた会社の事業拡大のため昼夜問わず仕事をする忙しい毎日を送っていた。

ある日、トイレで尿の泡立ちを見つけた。
それは粘り気が強く消えない泡だった。

約3ヵ月前から体に異変を感じていて体がだるく節々がこわばる感じだったという。

しかし、柔道の影響だと思い「じきに治るだろう」と放置してしまったが治る様子もなく悪化し、だるさで1人では起き上がれなくなっていた。
妻の強い勧めで病院へ行き、そこでネフローゼ症候群だと判明した。

ネフローゼ症候群とは腎臓内の細い血管の壁がもろくなり尿にタンパク質が大量に混ざる病気。

進行すると腎臓が十分に働かなくなり体の老廃物が外に出せなくなる。

オシッコの泡立ちは漏れだしたタンパク質だった。

伊藤さんの症状は人工透析の一歩手前で、ひとたび人工透析になれば週3回程度×4~5時間の治療が一生続く事になる。

人工透析になると腎臓の働きが10%以下になるので戻る事はないという。
人工透析の患者数は約32万人いて、その数は4000~6000人ずつ増加していく。

慢性腎臓病の危険因子は高脂肪食、運動不足、過度の飲酒、喫煙ともいわれているが発症の詳しい原因は分かっていない。

危険なオシッコの泡立ち方とは時間が経っても泡が消えない事が危険な病気を発見するポイント。

尿の泡立ちについて秋津寿男医師は
「勢い良くしたりすると泡は誰でも立つ。
勢いだけでできる泡はすぐ消える。
普段の自分の泡立ち方を見ておけば良く分かるしたまには流さずに観察してみるのも大事」
と解説。

二宮典子医師は
「女性の場合でも泡が立つのは一般的に見られる現象。
透明なカップや白っぽいカップで実際オシッコを検尿の時みたいに採ってみるといい」
と話した。



オシッコの「色」で危険な病気を早期発見する方法

おしっこの異変で危険な腎臓病が見つかった方々。

1987年(17歳の時)腎臓病が発覚した山畑さんのケースを紹介。
高校時代ダンス部に所属していた山畑さんはハードな練習をこなしつつ
放課後はアルバイトと忙しい毎日を送っていた。

そんな時、体力の低下、全身のだるさ、異常な疲労感を感じていた。

3か月後、コーラ色の尿を出すようになったが普通の色に戻ったため良い方へ考えていた。
黒い尿は約1ヶ月後にも出たが見ぬふりをしていた。

姉の滝野さんはお醤油みたいな赤茶色の尿を見てこのままにしちゃいけないと思い、
母親に伝えたという。
だが、恐怖感からすぐには病院へ行かなかった。

家族の説得により受診するとIgA腎症だと分かった。
IgA腎症は日本人に多い慢性腎臓病の一つだが、発症の詳しい原因は分かっていない。

体内の免疫物質の一種が腎臓に沈着し腎臓内の細かい血管に炎症を起こし、
直後に血管の壁が破れ赤血球が尿に漏れ出す。

コーラ色の尿とは血尿で、IgA腎症のサインだった。
ただし、一時的に治まるケースも多く見落とす事も少なくない。

家族の助けで病気を発見した山畑さんは現在も食事制限と投薬治療を続けているが、
人工透析は必要なく健康な人と変わらぬ生活を送っている。

川村哲也医師がIgA腎症について解説。
慢性腎臓病の1つで去年の1月に国の難病に指定され日本で3万3000人くらいいる病気。

最初の診断がついた時に軽い状態であっても5年後10年後は少しずつ進行してくる場合がある。

IgA腎症の診断から10年後、約20%の患者が人工透析になる可能性があり、20年後、約40%の患者が人工透析になる可能性がある。

これはかなり前のデータで現在は治療法も良くなっているので、今はもう少し成績が良くなっているという。

IgA腎症になると白血球が腎臓に寄ってきて炎症を起こすと腎機能が低下する。

ステロイド治療やホルモン治療を受けると白血球がいなくなって腎機能が戻る事はあるが、血の流れがなくなった状態があると再生しないので早期発見が大事。



医師達がオシッコの色での病気の見極め方を解説。

色だけですべてがわかるわけではないが、どういう色がどういう病気か知っておくと判断の参考になる。


【赤い尿】

肉眼的血尿(目で分かる血尿)で血液が尿で薄まった状態。

一番多いのは女性は膀胱炎、男性でいうと腎臓の石や尿路結石、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がん。

これに加え排尿時に痛みがある場合→炎症や結石などが比較的多い。
         痛みがない場合→がんの可能性もあるので要注意!


【黒い色】

IgA腎症の特徴で、扁桃腺などの上気道に炎症が起きると白血球の一部が活性化しサイトカインと呼ばれる免疫細胞から出る物質がろ過装置の血管の壁を破り血液が出る肉眼的血尿の原因になる。


【濁った白い色】

白い色は一般的には白血球で膀胱炎、前立腺炎などがあるが、男性の場合は逆行性射精という尿の中に精液が混ざったものが白く見える事もある。
その場合、前立腺肥大症の可能性がある。

見極めるポイントは菌がいる場合が多いので、普段とは違う嫌なニオイがする事がある。


【濃い黄色】

肝臓病の兆候でビリルビンという黄色い成分が体から溢れて尿に出てる状態。

肝臓の病気のほか、胆のうの病気の兆候でもある。


【無色透明の尿】

(大量に出る場合には)中枢性尿崩症など。
脳腫瘍、脳出血、脳梗塞でも起きる。

中枢性脳崩症になると、1日に数リットル以上の尿を排出し、時として死に至るケースも。

また、丁宗鐵医師は甘酸っぱい砂糖菓子のようなニオイを感じたら糖尿病を疑った方が良いと説明。

より確実にオシッコの異常が知りたい場合は尿試験紙(ウリエースKc)がオススメ。

オシッコをかけ10秒~30秒待ち色の違いを見て判定。
あとは尿潜血、尿タンパク、尿糖を調べるだけでOK。

スポンサードリンク

東貴博、沢田亜矢子、高田延彦が尿検査

東貴博、沢田亜矢子、高田延彦が秋津医院で尿検査を受けた。

貴博がオシッコで気になる所はニオイと泡、他に気になる症状は背中の痛み、
沢田亜矢子がオシッコで気になる所は回数が増えた事、
高田延彦がオシッコで気になる所は回数が増えた事で、タンパク質が腎臓の負担になっていないか気になってるという。

【今回の尿検査の主な項目】
1.PH 2.比重 3.タンパク質 4.糖 5.ビルビリン 6.潜血 7.ケトン体

スタジオで東貴博、沢田亜矢子、高田延彦の尿検査を発表。
異常はなかった。

東貴博の尿タンパクは0~10mg/dLが正常値のところ8mg/dLで普通の人より高めだが正常範囲。

基本項目では異常はなかったが、最近重要性が注目されている2つの検査をオプションで検査。

【尿中アミラーゼ】
この検査で見つけられるのは急性・慢性すい炎 すい臓がん。
東京女子医科大学病院の清水京子医師が急性・慢性すい炎 すい臓がんについて解説。

膵臓は病気が進行していても症状に気付きにくい沈黙の臓器と呼ばれ異変を胃痛と勘違いしやすいため気付いた時にはすでに病状が悪化してる事が多い。

急性すい炎の主な原因は過剰なアルコール摂取で発症する事が多いため男性の病気と思われがちだが女性も胆石などを原因とする急性すい炎をおこす事がある。

そして急性すい炎を繰り返すと慢性すい炎に進行し普通の人に比べすい臓がんのリスクが11.8倍になるというデータも。

こういった膵臓の病気を調べる手段として尿中アミラーゼというものがある。

アミラーゼとは膵臓や唾液腺などから分泌される消化酵素の事で尿中アミラーゼの基準値は53~703IU/I。

基準値より高い場合は急性すい炎・すい臓がんの疑いがあり、逆に低い場合は慢性すい炎の疑いがある。

スタジオで東貴博、沢田亜矢子、高田延彦の尿中アミラーゼ検査の結果を発表。

沢田亜矢子は407、高田延彦は283、東貴博は83といずれも標準範囲だった。

ただ東は年齢の割には低く、症状などから考えて注意した方がよいとのこと。

秋津寿男はお酒を飲み過ぎない事、油物を程々にする事を注意した。

飲酒量が多い人、飲酒の後に下痢が多い人が血液検査と合わせて尿中アミラーゼ検査を受けると良いとのこと。

【尿中NTx検査】
この検査では骨粗しょう症の可能性が分かる。

骨粗しょう症とは骨に含まれるカルシウム量(骨量)が異常に減ってしまい、骨がもろくなる病気。
特に女性は閉経後に急激に骨量が減るため約4人に1人が骨粗しょう症と言われている。

骨粗しょう症になると大腿骨頚部を骨折しやすくなり、この部分を骨折すると寝たきりになるケースもある。

正確な骨量の測定には大きな検査機器が必要となるため、大きな病院などでないと精密には測定できない。

しかし、この骨粗しょう症を尿で検査する方法が「尿中NTx検査」。

骨の組織は普段から破壊と再生を繰り返しているが骨が壊れる時にコラーゲンが分解されその一部のNTxが血液や尿に排出される。

尿中NTxの数値が高いほど骨がたくさん壊れている可能性がある。
尿中NTxの基準値は9.3~54.3nmolBCE/mmol・Cr。

スタジオで東貴博、沢田亜矢子、高田延彦の尿中NTx検査の結果を発表。

沢田亜矢子は65.8、高田延彦は30.3、東貴博は28.0だった。

沢田亜矢子は基準値を超えており、まずはほんとうに骨がもろくなっているのか骨量を測定する検査を受けた方がいいと勧められた。

この尿検査は1日の中でどこの尿を採るかで変動が大きく、最もオススメは早朝第2尿、朝起きて1回トイレに行ったあとの次が良いとのこと。

対策としては骨を作る材料になる栄養素をしっかりとる。

【骨を作る材料になる栄養素】
カルシウム→乳製品・骨ごと食べる魚など
ビタミンD→干ししいたけ・きくらげ・しゃけなど
ビタミンK→納豆・青菜(パセリ・シソ)など

その他 コラーゲンの摂取や運動を取り入れる事も大切。

オシッコのために夜間起きるのはストレスではという沢田亜矢子の質問に対し、中山久徳医師は加齢による腎機能の低下によるもので問題はないが急に起きた時は病気を疑い、検査が必要だと答えた。



腎臓を守って腎臓病を予防する食材はもずく

沖縄の女性達が毎日欠かさず食べる腎臓病を予防している食材を調査。

腎臓を守って腎臓病を予防してくれる健康食材はモズクだった。

沖縄県はモズクの生産量日本一で90%が沖縄産。

モズクがなぜ腎臓予防になるのでしょうか?
それはもずくに含まれる成分、アルギン酸。
食物繊維の一種で、便秘を改善して腸内環境を整える働きがある。
腎臓に負担をかけず塩分を排出し腎臓病予防になる。

もう1つ、尿酸値を下げる効果もある。
尿酸とは食事・運動・新陳代謝などによって体内で発生する老廃物で、
尿酸値が高い状態が続くと痛風を引き起こす。

尿酸は腎臓にも溜まってしまう事があり、
腎結石、尿管結石に繋がりそれを繰り返す事で腎不全になる。

女性でも閉経を迎えると尿酸値が高くなりやすい。
またフコイダンという成分も尿酸値を下げてくれる。

さきほどのアルギン酸と同じく食物繊維。
沖縄のもずくはフコイダンの含有量はトップクラス。

沖縄県漁業協同組合女性部の皆さんが家庭で食べているモズク料理の数々を作ってくれた。

流水で洗ったり水に浸けたりして塩抜きした塩漬けのモズク、
魚のアラの味噌汁にモズクを入れたモズクの味噌汁、
モズクにごまドレッシングをかけたモズクのごまドレッシング和え
などの料理を紹介してくれた。



【番組主治医対決!モズク酢を使ったアイデア料理のレシピ】

南雲先生、姫野先生、丁先生が料理を考案!

 【南雲先生のモズク酢のニンジンシリシリ】
<材料>
モズク酢→2パック
ニンジン→1本
卵   →2個
エゴマ油→適量
塩、胡椒→適量
油→適量

『作り方』
1.ニンジンは皮ごとスライサーで千切りにする。
2.フライパンに油をあたためニンジンを炒める。
3.モズク酢を汁ごと加えて全体を炒め合わせる。
4.卵を割りほぐし3に回し入れる。半熟状になったら全体をざっと炒め、
塩、胡椒で味を整えて火を止める。
5.エゴマ油を回しかける。

・ニンジンに含まれるポリフェノールには抗酸化作用
・エゴマ油に含まれるオメガ3は抗炎症作用


 【姫野先生のモズク酢とトマトの卵スープ】

『材料』
もずく酢→3パック
トマト→2個
卵→  2個

A
鶏ガラスープの素→小2
酒  → 大1
醤油 →小2
生姜汁→ 大1
水  →2カップ

万能ねぎの小口→適量
水溶き片栗粉→適量
アマニ油→適量
塩、胡椒→適量

『作り方』
1.鍋にAを入れて中火にかけ、煮たったらざく切りにしたトマトを加えて3~4分煮る。
2.モズク酢を汁ごと加え、再度煮たったら水溶き片栗粉を回し入れトロミをつける。
3.溶き卵を回し入れ、火が通ったら塩、胡椒で味を整える。
4.万能ねぎとアマニをふる。
・トマトのリコピンには抗酸化作用

・アマニ(亜麻の種)に含まれるオメガ3には抗炎症作用


【丁先生作のモズク酢と小豆のカレー】 

『材料』
モズク酢→3パック
しじみ →200g+酒 大さじ1
ゆで小豆→100g
玉ねぎ →1個
カレールウ →60g
めんつゆ(2倍希釈)→1/2カップ
湯→3 1/2カップ
塩、胡椒→適量
油→適量

『作り方』
1.玉ねぎは薄切りにする。しじみは酒蒸しして身を取り出す。
2.鍋に油をあたため玉ねぎを入れて飴色になるまで炒める。
3.湯とめんつゆを加えて煮たったら、刻んだカレールーを加えて溶かす。
4.汁をきったモズク酢としじみ、ゆで小豆を加えて塩、胡椒で味を整える。

・小豆に含まれるサポニンには利尿作用
・ターメリックに含まれるクルクミンには腎機能改善の効果

感想

おしっこでいろんなことがわかるんですね。

モズクはモズク酢でしか食べたことないかも。
色々料理できるんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ