家事えもんのジューシーハンバーグ&イチゴのとろける牛乳プリンのレシピ!【得する人損する人】

煮込みハンバーグ

2016年3月17日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の家事えもんが伝授!「かけ算レシピ」の紹介!

冷蔵庫の余り物と意外な食材をかけあわせてつくるかけ算レシピ。 

新玉ねぎ×高野豆腐→家事えもん流ジューシーふわふわハンバーグ

イチゴ×片栗粉→イチゴのとろける牛乳プリン

スポンサードリンク

ジューシーハンバーグ

かけ算レシピ①
新玉ねぎ×高野豆腐


【ジューシーハンバーグのレシピ】

ジューシ―ハンバーグ

『ジューシーハンバーグの材料』
・牛豚合い挽き肉→ 200g
・新玉ねぎ→ 1/2個
・卵→ 1個
・高野豆腐→ 8g  
・塩→ 少々
・粗挽きコショウ、ナツメグ→ 各少々
・サラダ油 →大さじ1

(コンソメ氷)
・お湯→150㎖
・コンソメ粉末→小さじ1/4

(和風きのこソース)
・新玉ねぎ(みじん切り)→1/2個
・なめたけ→大さじ2
・ポン酢→大さじ3

『ジューシーハンバーグの作り方』
(コンソメ氷の作り方)
コンソメ氷をハンバーグのタネの中に入れるのであらかじめ作っておきます。

1.コンソメの粉末小さじ1杯を150mlのお湯に溶き、
コンソメスープをつくる

2.製氷器に半分だけコンソメスープを入れ、凍らせる。
(小さい氷を作るため)



1.新玉ねぎをみじん切りし 600Wの電子レンジで加熱する

電子レンジで甘さを引き出す。

2.高野豆腐をおろし金でおろす

高野豆腐の粉をパン粉の代わりに使うことで、
高野豆腐は出汁や肉汁を吸いこむ力が強いので、
肉汁をたくさん閉じ込めてくれる。

3.ナツメグと、塩・粗挽きコショウ、玉ねぎのみじん切りを入れ、
ひき肉を加えスプーンで混ぜる。

手でこねて混ぜると手の熱で脂が溶けてしまう。
なるべくこの脂を中に閉じ込めておきたいのでスプーンでしっかり混ぜる。

4.あらかじめ作っておいたコンソメ氷を4つハンバーグの中に入れる

氷をハンバーグの中に入れ火を通すと
中で氷が溶け、その水分が肉全体に行きわたる事で、
肉がふっくらジューシーに仕上がる。

5.フライパンのヘリに置いて焼く。

フライパンのヘリに置き、側面も同時に焼くことでL字型に火が通る。
ひっくり返せば、火が遠ってなかった逆の面も焼け、まんべんなく焼く事が出来る。

6.お湯を入れてフタを閉め、弱火で8分蒸し焼きにする。
8分後火を止めてさらに4分余熱で蒸し焼きにしたらハンバーグの完成。

7.なめたけソース作り。
電子レンジで温めた新玉ねぎ、なめたけ、ポン酢をまぜる

8.ハンバーグを皿に盛ってなめたけソースをかければできがり!

ハンバーグに入れた高野豆腐が肉のうまみを吸って
口の中に入れt時に肉時得うがあふれ出します。

皿の氷を入れたことで焼いたときに氷が溶け、
ふっくらとした仕上がりになります!



スポンサードリンク

新食感イチゴのとろける牛乳プリン

かけ算レシピ②
イチゴ×片栗粉


【新食感イチゴのとろける牛乳プリンのレシピ】

イチゴのとろける牛乳プリン

『新食感イチゴのとろける牛乳プリンの材料』(2個分)

(プリン部分)
•牛乳→300ml
•練乳→大さじ2
•片栗粉→大さじ2
•イチゴ→3個

(ソース)
•イチゴ→5個
•砂糖→大さじ2

『新食感イチゴのとろける牛乳プリンの作り方』
1.(ソース作り)
イチゴをフォークでつぶして、砂糖を絡める。
600Wの電子レンジで3分温めたらソースの完成。

2.イチゴをスライスし、透明のグラスに貼り付けておく。
余った所は、細かくザク切りにする。

いちごはなるべく薄く切る。
その方がグラスに貼り付けやすい!

イチゴのとろける牛乳プリン

3.片栗粉を鍋に入れ、火を入れる前に、少しずつ牛乳を加えてまぜる。
牛乳をすべて加えたら練乳を入れる。

牛乳を一気に入れちると、片栗粉が溶けないので、
片栗粉が溶けたと思ったら、牛乳を少し加えるというのを繰り返す。

4.火をつけ、弱火でとろみがつくまで混ぜる。

5.しっかりとろみがついたら、火を止め冷ます。

6.②の器に入れて、冷蔵庫で15分冷やす。

7.冷えて固まったらイチゴのソースをかけ、
ザク切りにしたイチゴをのせたらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ