バタコやんの30分でできるヘルシーカレーパンのレシピ!【得する人損する人】

カレーパン

2016年3月17日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の中のバタコやんの「30分でできるヘルシーカレーパン」のレシピの紹介。

バタコやんとはお笑いコンビ「シンクロック」の吉田結衣。
パンシェルジュ2級を持つパンのスペシャリスト。

生地から30分!揚げないヘルシーカレーパンのレシピを紹介!

スポンサードリンク

生地からたった30分!ヘルシーで揚げない「カレーパン」

本格パンを短時間で作るヒーローバタコやん。
これまで全て生地から作ってたった30分で完成。
本格スピードパンを披露して来たバタコやん。

カレーパンは作るとなるとかなり面倒。

名店で作る工程を見せてもらうと
1.生地をこねる→20分
2.発酵→1時間
3.具材のカレーを煮込む→2時間以上ねかせて1番寝かせる
(・1晩寝かせることでコクとうま味がアップ
・ほどよいかたさになる)
4.生地をつなぎにひたしてパン粉をつける
5.発酵→40分
6.油で揚げる→8分
ようやくカレーパンが完成

お店でも半日はかかるのをバタコやんは30分で作るという。
しかも揚げていないのでヘルシー。


【スピードカレーパンのレシピ】

カレーパン

『スピードカレーパンの材料』
•ホットケーキミックス→200g
•ヨーグルト→ 80g
•レトルトカレー→ 70g
•ジャガイモ→ 小1個(80g程)
•ドライパン粉→ 適量
•マヨネーズ→ 10g

スポンサードリンク

『スピードカレーパンの作り方』
1.ジャガイモの皮をむいて、1cmにカットし、耐熱容器に入れてラップし電子レンジ(600W)で2分加熱する。

2.フォークで①のジャガイモをつぶし、レトルトカレーを加えて混ぜる。

カレーの水分が多いと包みにくかったり失敗しやすい。
なので水分を吸ってくれるジャガイモをくわえる。

3.ホットケーキミックスとヨーグルトを混ぜ、生地がまとまったら4等分にする。

ホットケーキミックスは、パン作りに必要な基本的な材料を含んでいることに加え、ベーキングパウダーの効果で生地を膨らませることができる

しかし発酵しているわけではないのでしっとり感が足りない。

そこでヨーグルトを使う。
ヨーグルトに含まれる酸が、生地の粘りや弾力を生み出すグルテンに作用し、生地が柔らかくなり、食感がしっとりする。

4.生地を好きなかたちに伸ばし具材を包む。

5.パン粉にマヨネーズを混ぜる。
生地の表面を水で濡らしてマヨネーズのパン粉をつける。
全体にまんべんなくつける。

カレーパン

マヨネーズに入っている卵がつなぎになり、油が高温になりサクサク感を生みだす!

マヨネーズは卵と油と酢でできている。
卵はつなぎに、油はサクサク感に。
お酢の酸っぱさは熱で飛ぶので問題なし。

6.⑤をクッキングシートを敷いたオーブン皿に乗せる。

7.200℃に予熱したオーブンで15分焼いてできがり!

※機種によって焼き時間が異なるので様子を見ながら調整してください。


美味しく食べるアドバイス
・発酵していないので、時間が経つと固くなる
・揚げていないので時間が経つとサクサク感が減少してしまう
ぜひ、焼き立てを!



また、中の具材を、変えるだけで様々な味を楽しめます!

あんこを入れて、パン粉の代わりにきな粉をふりかけて焼けば和菓子に
シナモンシュガーをふりかけたバナナを包んで焼けばスイーツに
エビチリなどの惣菜を包む場合は、半冷凍すると包みやすく漏れにくい

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ