動脈硬化の予防・改善にこめ油!成分はガンマ・オリザノールやビタミンE

テレ朝「たけしのみんなの家庭の医学」10月20日の放送で、動脈硬化の予防・改善に効果があるとしてこめ油(米油)が紹介されました。

そんなこめ油の栄養成分や効果的なとり方について紹介!



動脈硬化の予防・改善にこめ油!成分にガンマ・オリザノール

動脈硬化は文字どおり血管が硬くなってしまう病気。
心筋梗塞や脳梗塞による突然死をも引き起こす動脈硬化。

早ければ20代や30代から動脈硬化は始まります。

血管にコレステロールなどがベタベタとたまり、
その後数年から数十年かけて血液の通り道を塞いでしまうのです。

主な原因は脂っこい食事のとりすぎと喫煙など生活習慣の乱れ。

最近は魚油のEPAやDHAをはじめ、オリーブオイルにえごま油・亜麻仁油など様々な油が話題となっています。

そんなヘルシーな油に人気が集まる中で今、動脈硬化を防ぐ高い効果があると医学界で認められ注目されている油があるというのです。

それがお米からできる油「こめ油」。

アメリカで行われたある臨床研究では、高コレステロール血症の患者50人を2つのグループに分け、片方だけにこめ油を摂取してもらったところ、
なんと悪玉コレステロールであるLDLコレステロールの値が20%も低下したことが確認されたのです。

東京医科大学 教授 小田原雅人先生もこめ油が動脈硬化予防に良いといいます。

先生はこれまで高コレステロール血症や糖尿病など生活習慣病の患者を1万人以上治療してきた血管のスペシャリスト。



こめ油の成分にはガンマ・オリザノール 料理法と摂取量も

では、こめ油の何が動脈硬化を予防するのか?

番組では、山形でこめ油を作っている東北唯一のこめ油工場を訪ね、こめ油がどのように作られているのかを調査。

こめ油とは玄米から白米に精米する際に出る米ぬかを原料に抽出して出来る油。

米ぬかには糖質の消化吸収を高めるビタミンや、腸の働きを良くする食物繊維など豊富な栄養素が数多く含まれているのですが、実はもう1つ特別な栄養が含まれているというのです。

それはガンマ・オリザノール。

ガンマ・オリザノールとはポリフェノールの一種で、優れた抗酸化力を持ち、その高い栄養効果から医薬品やサプリメントとしても使用されている栄養素なのです。

このガンマ・オリザノールを摂取することで、腸の中で食べ物に含まれているコレステロールの過剰な吸収をブロック。

血液中にコレステロールがたまるのを防いでくれる働きがあるといいます。

そんなありがたいガンマ・オリザノールを含む米ぬかがこめ油の原料だったのです。

トラックに積まれた米ぬかは天童市にあるこめ油工場へと運ばれ、新鮮なうちに油を抽出する機械に入れられます

この機械の中で特殊な方法を用いて米ぬかから油分だけを分離させるのです。

スポンサードリンク

その後脱臭や脱色などの工程を経てこめ油は完成します。

ちなみにこめ油1本600gを作るのに必要な玄米はなんと43kg。


こめ油は玄米を食べるより効率的にガンマ・オリザノールを摂取できるすぐれものなのです。

そして血管年齢の検査を実施。

この工場で働き、よくこめ油を使っているという40代以上13名の血管を調べました。
血管年齢が実年齢かもしくは若かったのはなんと13名中10名。

動脈硬化が始まっているはずの中高年世代にもかかわらず大部分の方の血管が健康だという結果となったのです。



では皆さんは実際の料理にこめ油をどのように使っているのでしょうか?

ある家庭ではごはんをたくときに小さじ1/3を入れ、黒豆をいれてご飯を炊いていました。

もともと米ぬかから作られているこめ油。
ご飯との相性は抜群でしっとりとした旨みが加わるといいます。

続いて、鶏肉とかぼちゃの煮物もこめ油で、
さらにごぼうを炒めるのにもこめ油を使います

こめ油の特徴はクセが無いこと。
つまり食材の旨味がより引き立つのだそうです。

そして冷蔵庫から続々とこめ油を使った作り置きのおかずが出てきました。

こめ油でいためたあけびの皮
ししとうのしょうゆ油 米油炒め
きゅうりのこめ油漬け
などなど。
まさにこめ油尽くしです

続いての家庭ではこめ油をトーストした食パンに塗って食べるのだそうです。



ではこめ油は1日どれくらい摂ればいいのか?

適切な量というのが確立しているわけではないので、油の量は増やさずに、今使っている食用油の一部をこめ油に替えるという使い方がいいとのこと。



スーパービタミンE

『さらに貴重な栄養素』
また、こめ油にはガンマ・オリザノールだけでなくさらに貴重な栄養素が他にもいい成分が含まれています。

それはビタミンEが豊富なこと。

ビタミンEは抗酸化作用といわれている酸化を防いで動脈硬化を防ぐ可能性がある作用があります。

実はビタミンEにはさまざまな種類があります。

ビタミンEは他の食用油にも含まれているのですが、こめ油に多く含まれているのは俗にスーパービタミンEと呼ばれるもの。

一般的な食用油に含まれるビタミンEに比べ、なんと40~60倍の抗酸化作用があることが分かっているのです。



『さらに効果的な取り方』
野菜と一緒にとると効果的。

野菜に多く含まれるのはビタミンC。

ビタミンCやはり抗酸化作用が酸化を防ぐ作用があり、このビタミンEとビタミンCを一緒に摂ると効果的に吸収できるということが分かっているので一緒に摂るとよい。

しかし、ビタミンCというのは熱に弱い。

なので炒め物をしたり熱をかけると壊れてしまうので、例えばサラダにこめ油を少しかけてドレッシングとして使っていただくくとかというような食べ方も1つの方法です。



まとめ

こめ油、動脈硬化の予防・改善に期待できそうですね。

ただ、油は高カロリーですので、ほかにも健康によいとされているオリーブオイル、えごま油・亜麻仁油などと合わせてとり過ぎないように気をつけたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ