プロの行楽弁当の作り方!いなりずし、太巻き、からあげなど【この差】

プロの弁当

2016年3月20日放送のTBS「この差ってなんですか?」の中の「一般の主婦とプロが作った行楽弁当の差」

主婦とプロが作るいなりずし、太巻き、からあげ、アスパラベーコン巻きの差。行楽弁当がもっと美味しく作るプロのレシピも大公開!

スポンサードリンク

プロのいなり寿司の作り方

『いなり寿司の材料』

いなりずし

酢飯

油揚げ 8枚
A:水 200ml
昆布顆粒だし 小さじ1
A:かつお顆粒だし 小さじ1
A:砂糖 大さじ3
A:しようゆ 大さじ2
A:しお 2つまみ
A:酒 30ml
A:はちみつ 大さじ1
黒酢 小さじ1

『いなり寿司の作り方』
・時間がたってもおいしい酢飯の作り方
1.お米を洗ったら1時間水に浸けて、ザルにあけ水気を切り、炊飯釜に戻して熱湯を入れ、昆布顆粒だしを加えて炊飯ボタンを押す。

熱湯で炊くと米から粘りが出ない

2.炊飯器のふたを開けたら、混ぜる前にすし酢を回し入れ、 20~30秒そのまま待つ。

先に混ぜるとお米がつぶれて粘りが出てしまうのでお酢が染み込まず味が薄い酢飯に

底まで すし酢が落ちたら軽く混ぜ合わせ 塗らしたさらし(布)を敷いたバットにあけ、切るように軽く混ぜ合わせる。

布をしかないと蒸気がたまるので粘りの原因になる。

すし飯

『しっかりと味が染み込んだ油揚げの作り方』
1.油揚げは熱湯に3~5秒くぐらせ、さらに水に浸して手で水気を絞り、中表をひっくり返す。

裏返すことによって味が染み込みやすくなる

2.片手鍋に[A]を入れて火にかけ、広げた①を入れて2分ほど、落しぶたをして煮たら、黒酢を入れ取り出す。

油揚げを裏返すと煮る時間が半分ですむ

3.煮汁を手で絞って、軽く俵状に握ったすし飯を詰めて出来上がり。



プロの太巻きの作り方

『太巻きの材料』
酢飯
海苔
薄焼き卵
桜でんぶ
干しいたけ煮
かんびょう煮
タコ

B:高野豆腐
B:たくあん
B:厚焼きたまご
三つ葉(茹)
菜の花(茹)

スポンサードリンク

『時間がたってもべチャッとしない太巻きの作り方』
1.[B]は2cm×1cm×海苦の長さ の棒状に切りそろえておく。

2.巻きすの上に海苦を置き、その上に 薄焼き卵を乗せ、すし飯を海苔の奥側 を3cmあけて、薄く乗せ広げる。

薄焼き卵がすし飯の水分を吸収してくれるのでのりがべチャッとならない
卵のかわりにおぼろこんぶを敷くのもおすすめとのこと

3cm残しておくことで見た目がきれいに仕上がる

巻き寿司

3.中央に具材をのせて巻く。



プロのから揚げの作り方

『から揚げの材料』
パインホール(パイナップル)
鶏肉
C:おろし生美 2cm
C:しようゆ 大さじ1

片栗粉
ア:バジルソース
イ:スイートチリソース
ウ:カレーパウダー

『からあげの作り方』
1.パインは保存袋に入れ麺棒で潰す。
鶏肉は一ロ大に切って耐熱皿にのせ、ラップ無しでレンジで1分半加熱する。

鶏肉の余分な水分を飛ばすため

2.パインの袋に鶏肉を入れ、手で操む。

パイナップルの酵素が鶏肉を柔らかくする

何となく柔らかくなったら、[C]を入れて更に 良く揉み込み冷蔵庫で20分おく。

3.4等分したら、それぞれに[ア・イ・ウ]を入れて4種類の味付けにする。

4.キッチンペーパーで水気をふき取り、片栗粉をまぶして140℃の油で6分半揚げ、一旦、取り出す。
取り出したら、そのまま3分放置して、今度は180℃で2分ほど油で揚げる。



プロのアスパラベーコンの作り方

アスパラベーコン

『アスパラベーコンの材料』
アスパラ
ベーコン
サラダ油
片栗粉
しようゆ 小さじ1

『冷めてもおいしいアスパラベーコンの作り方』

1.アスパラは2等分して蒸す。

ゆでると甘みが逃げやすいが蒸すと甘みが逃げにくい

ベーコンは長さを半分に切る。
ベーコンでアスパラを巻き、表面に片栗粉をまぶす。

片栗粉はアスパラとベーコンの旨みを閉じ込めてくれる

2.油を引いたフライパンで両面を焼いて、
ベーコンに火が通ったらしょうゆを回しかけ蓋をして少し蒸し焼きにする。

塩、こしょうはせず、焦がししょう油に。
冷めた時にしょう油の香ばしさがより感じられる

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ