ネットオークションで稼ぐ主婦の商品を出すコツ!ニッチェ江上も挑戦【この差】

バックのネットオークション

2016年3月20日放送の「この差ってなんですか?」の中の「不用品を売って稼ぐ人と稼げない人の差

ネットオークション初心者のニッチェ江上敬子さんとネットオークションで月30万円稼ぐ主婦の川崎さちえさんが実際にバッグをヤフオクで売ってその差を検証します。

ネットオークション初心者と月30万円稼ぐ主婦の差

今、主婦の間で話題なのがネットオークション。

ネットオークションで最高月30万円稼いだこともあるネットオークション歴11年の主婦の川崎さちえさん。
そして、一般の主婦代表として、ネットオークション初心者のニッチェ江上敬子さん。

2人がネットオークションで同じものを売ったらその金額にどれぐらいの差が生まれるのか実験してみました。

2人に売ってもらうのは番組が用意したCOACHのトートバッグ。

どちらも同じような傷や汚れがある中古品。

それぞれ実際に出品してもらったところ、初心者のニッチェ江上さんは4200円で落札されたのに対してネットオークションで稼ぐ主婦川崎さんはなんと17500円!で落札されたのです。

値段の差は4倍以上。
なぜここまで差がついたのでしょうか?



商品画像の差

まず1つ目は、出品の写真の撮り方について。
今回2人が出品したのはヤフオク。
日本最大級のオークションサイト。

ヤフオクでは、出品するもの1つにつき3枚の商品の写真を載せることができます
2人の写真に大きな差があったのです。


【ネットオークション初心者のニッチェの江上敬子さん】

1枚目:商品
1枚目はバッグ全体の写真。
商品は照明の当たる蛍光灯の真下で下に置いて撮影。
バッグ全体が明かるく写っている。

2枚目:ブランドのロゴマーク
3枚目:バッグの内側


【ネットオークションで稼ぐ主婦 川崎さん】

1枚目:商品
1枚目はバッグ全体の写真。

バッグ全体の写真を撮るときに中に物を入れて膨らませ、ドアノブに掛けて撮影。
もったときの雰囲気が分かるようにする。

また、撮影は午前中の自然光で写真を撮ることでバッグ本来の色が写るように撮影する。
電気の下だと商品が白っぽくなってしまう。

午後になると、自然光がオレンジ色になるので、午前中にしか撮影しない。

2枚目:バッグの底にある傷や汚れ

3枚目:持ち手の傷、タグの裏側

汚れを隠すとあとでクレームが来たりする。

また汚れや傷の写真をあえて掲載することで落札者に安心感を与える。


商品タイトルの差

ヤフオクでは出品する商品の説明(タイトル)を30文字以内で入れることができる。


【ネットオークション初心者のニッチェの江上敬子さん】

中古だけどきれいですよとアピールしたほうがいいのでは、ということで

『激安!大人気!「COACH」のトート!中古とは思えない美しさ!』
 


【ネットオークションで稼ぐ主婦 川崎さん】

『美品!コーチのシグネチャートートバッグ☆COACH☆F36375☆入学』 

ヤフオクでは商品タイトルが検索キーワードになるのでたくさんの単語を入れた方が検索に掛かりやすくなる。

スポンサードリンク

【川崎さんが検索されやすように入れた大きなポイントは3つ】


【1.入学】

季節や行事ごとに商品を探す人が多いので今の時期、トートバッグを出品するなら入学という単語を入れるとアクセス数が増える

ほかにも、黒いパンプスを売るなら「就活用」、青いビニールシートを売るなら「お花見」などとタイトルに入れるとアクセス数アップ


【2.美品】

中古より美品と書いた方がまだまだ全然使えるイメージ.

美品とは中古品でもキレイな状態のものを表す単語で、利用者が頻繁に検索する言葉。


【F36375】

この番号は2人が出品したコーチのトートバッグの品番。

品番をタイトルに入れることで、このバックを買いたい人が
ピンポイントでアクセスしてくれるので、落札される可能性が高くなる

ほかにも商品名を具体的に描いたり(シグネチャー、トートバッグ)、ブランド名をカタカナと英語の両方で書いたりの工夫が。

アクセス総数は
初心者のニッチェの江上敬子さん351回。
ネットオークションで稼ぐ主婦川崎さん466回。

100回以上の差がついたのです。

そんな2人についたバッグの値段は
初心者のニッチェの江上敬子さん4200円。
ネットオークションで稼ぐ主婦川崎さん17500円。

と13300円も差が出たのでした!



リサイクルショップで安く買って高く売る

川崎さんのようにネットオークションで稼ぐ人たちは家の不用品を売るだけでなく
リサイクルショップで安く買ったものをネットオークションで売って稼いでいるのです。

川崎さんにそのテクニックを見せてもらいます。

川崎さんは、リサイクルショップで
安売りされていた10枚 100円のタオルを2パック購入。

これを高く売るためにこれを雑巾にして売るとのこと。

雑巾にしたのは、
新入学の時期は
雑巾を持ってくるように言われるので
そういうお母さんをターゲットにするとのこと。

200円のタオルが760円で落札。

その差額560円の儲けでした。



感想

13300円も差が出たのには驚きですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ