腸内細菌のヤセ菌を増やしてダイエット!水溶性食物繊維も【若さと美のヒミツ】

ダイエット

2016年3月23日NHK放送の「これがカラダの新常識 若さと美のヒミツ」

ここではダイエットの新常識について紹介します。
ダイエットに効果のある腸内細菌を増やせば、やせられる?
腸を鍛えると若さが保てる?

スポンサードリンク

1日7000kcal!いくら食べても太らない女性

フードファイターとして有名な三宅智子さん、身長152㎝、体重42キロ。
この小柄な体で毎日7000kcalを食べるそうです。

一般的な女性の3.5日分を1日で食べています。
そこで胃がどれだけ大きくなるのかを調べてみることに。

検査前に特大のおにぎりを30個食べてもらってからMRIで胃を撮影すると
上半身のほとんどが胃でいっぱいになるほど
胃が体中に広がっていました。

先生によると胃の伸展する能力が優れているために伸びやすくなっていて
このように食べられるのではないかとのこと。

しかし、不思議なのは翌朝にはスッキリとしていて
いくら食べても太らないのです。

なぜ三宅さんは太らないのか?
残念ながら多くは謎のままです。
けれども今回1つの発見がありました。。

ダイエットのカギを握るのは腸内細菌

三宅さんを太らなくしている秘密の1つ。
それは腸内細菌。

わたしたちの腸の中には数百種にものぼる腸内細菌が住んでいます。

その数は100兆あまり、その中に人を太らせない腸内細菌があることが
最新の研究でわかってきました。

それは、ビフィズス菌とバクテロイデス。
これらは名付けてやせ菌。

さっそく三宅さんの腸内細菌の割合をみてみると、
日本人の平均よりヤセ菌が特別多いことが判明したのです。

ヤセ菌が人を太らなくさせるっていったどうやって?

ということで東京農工大学でマウスで実験をしました。
脂肪たっぷりのエサを2匹のマウスに2週間食べさせ続けます。

しかし、1匹のマウスには、白い粉を振りかけて食べさせました。
するとこのマウスは体重が変化せず、白い粉をかけないエサを食べたマウスは
20%も体重が増えていました。

腸内細菌は人間が食べたものをエサにして様々な物質を放出しています。
その中でヤセ菌が出すのがこの白い粉、短鎖脂肪酸です。

腸内で作られた短鎖脂肪酸は血管を通り全身の脂肪細胞へと届けられます。

そもそも肥満はどうおこるのか?
脂肪を細胞が取り込みどんどん巨大化すること。
それが肥満です。

短鎖脂肪酸があると脂肪の取り込みをブロックし、肥満を防いでくれるのです。
天然の肥満を防ぐ薬といえます。

三宅さんに特別多かったビフィズス菌とバクテロイデスは
短鎖脂肪酸を作るのです。

ビフィズス菌とバクテロイデスはすべての人に存在しているが、
比率が個人によってかなり変わってきます。

サプリメントにして飲めばいいのでは?という質問に対しては
食べものから腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸は効果が長く続くけれども、そのまま短鎖脂肪酸を食べてもすぐに分解されてしまうとのこと。
なのでサプリメントにして飲んでも効果はないようです。

やせ菌を増やすには正しいエサが必要

腸内細菌のエサというのは日々の食事のことです。

日々の食事を変えると腸内細菌はどう変わるのでしょうか?

フットボールアワーの岩尾さんが実験することに。
岩尾さんの悩みは、お腹が出てきていること。
体重は84.15㎏。
典型的な肥満です。

そこでやせ菌のエサになる食材を用意。
今回は食べても太らないダイエット。
食事制限なしで挑んでもらいます。

岩尾さんに食べてもらうのは2つ。

1つ目はらっきょう
2つ目はオートミール(えん麦)

何のかかわりもないようですが、共通のやせ菌の
エサが含まれているのです。
これを2週間食べてもらいます。

岩尾さんの腸内細菌には変化があったのでしょうか?

ビフィズス菌はかなり増えたのですがバクテロイデスは減ってしまいました。

しかしほかに増えているものがあり、健康にいい方向に腸内細菌は変わってきているとのこと。

やせ菌の大好物は食物繊維、しかも水溶性

水溶性の食物繊維ほうが分解しやすくてより短鎖脂肪酸を作りやすい。

海藻類、根菜類、発酵食品など。

岩尾さんが2週間食べたらっきょうやオートミールには水溶性食物繊維が多く含まれています。

【水溶性食物繊維が多く含まれる食材】

  • 切り干し大根
  • オートミール
  • 納豆
  • ごぼう
  • のり
  • ひじき
  • らっきょう

腸を筋トレすれば若く健やかなカラダに!

美腸の新常識として、腸も筋トレすることが大切なのだそうです。
筋トレすべきところは腸の筋肉そのもの。

特に大切なのは小腸で、主に栄養を取り入れる働きをしています。
小腸では腸の筋肉による蠕動運動が行われています。
腸の長さはおよそ8m。
そこを通って食べものが消化されている間、
わたしたちが消費するエネルギーが25%も増加。

腸の筋トレをすることが若さと健やかさにつながるポイントなのです。

それではどうやって鍛えるのかと言うとその方法は
消化の悪いものを食べる

消化の悪いものを食べると、ぜんどう運動が
活発となり、筋肉が強まり粘膜にもよい。

さらにホルモンも出やすくなり腸内細菌にもよい。

おすすめ!縄文人健腸法

伊藤裕先生おすすめは縄文人健腸法。

縄文時代は狩猟と採集の時代、お米がなかった時代。
大きな獲物を獲って食べることはまれでした。
魚や貝なを海の幸のほか
きのこやヤマイモなど山の幸も多く食べられていました、

季節ごとの食材を手間をかけずに食べる食生活だったのです。

【縄文人に学ぶお手軽健腸料理】
お刺身とワカメの葉っぱ包み
新鮮なお刺身とワカメをしそやえごまの葉で巻いていただきます。
味付けはシンプルにごま油と塩だけ。

縄文式ネバネバ和え
モズク、なめこ、いくら、山芋を食べやすい大きさに切って
混ぜて食べます。
伊藤先生はヤマイモが特におすすめとのこと。
ヤマイモには男性ホルモン・女性ホルモンの元となる成分DHEAが多く含まれているから

【まとめ】
ヤセたいなら腸を鍛えろ!

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ