美肌のカギは毛細血管の癖細胞!ヒハツや静脈マッサージ【若さと美のヒミツ】

美肌

2016年3月23日NHK放送の「これがカラダの新常識 若さと美のヒミツ」

ここでは美肌の新常識について紹介します。
美肌のために美容業界が着目する毛細血管のケアとは?

スポンサードリンク

しわから薄毛までカギを握るのは毛細血管

肌を美しく保つにはコラーゲンを積極的にとろうって思いますよね。
しかし、このコラーゲンは食べても途中で分解されてしまうので、そのまま食べても意味がないのそう。

そもそもすべての食べ物は小腸で酵素によって分解されてから吸収されます。
体内に取り込むには分子レベルにまでバラバラにしなければならないのです。

美肌を保つにはコラーゲンを食べる先に、やらなくてはいけないことがあるのです!

花王ヘルスビューティ研究所さん
「私たちがまず最初に注目したのが、毛細血管です。
「血管力」と皮膚症状との関係を調べたところ、新しい知見を見つけることができました。」

女性2人に手を冷やして10分後までの温度変化を調べます。

ゲンキな肌ほど活力があり、温度の回復も早い。
10分ほどで回復すれば血管力がある目安

右の女性は1部が赤くなってきました。
しかし左の女性は変化なし。
10分後、その差は歴然。
血管力は右の女性の方が高かったのです。

この研究所の調査によれば「血管力がある人は、肌荒れやカサつきが、半分以下」ということが明らかになりました!

美肌に重要なのは血管。

特に血管の中でも毛細血管は99%を占めていて
体中をくまなく覆っています。

お肌の中にはたくさんの細胞でできています。

角質を作っている「角化細胞」や、コラーゲンを生み出す「線維芽(せんいが)細胞」など
そうした細胞に、栄養や酸素を届ける生命線が毛細血管です。

毛細血管があって初めて皮膚の弾力を保つコラーゲンも
作ることができるのです。

健康な毛細血管がないとしわの原因になったり
薄毛にも大きな影響があるのです。

恐怖!毛細血管が消える?

毛細血管はとても美肌に重要なのですが
毛細血管の数が年齢とともに減ることがわかってきています。

劣化してゴースト化してしまうことがわかっています。

年齢別に比べてみます。
30代→血液が先端までスムーズに流れています。
40代→劣化が始まる形が歪んでいます。
50代→毛細血管の数が減っています。
一部がゴースト化してしまったのです。。

最新の調査によると、
高齢になると皮膚の毛細血管の4割が消滅してしまうケースが報告されています。

美肌ケアのターゲットは癖細胞

壁細胞は毛細血管を保護するようにまわりをおおっている細胞です。

50代の毛細血管をみると癖細胞がところどころ剥がれています。

加齢していくと皮膚の毛細血管が過剰に漏れやすくなります。
そうすると栄養が過剰に漏れてしまって隅々まで行き渡らなくなります。

癖細胞は40代を境に、剥がれやすくなっていきます。
そうすると大切な栄養がダダ漏れに。

その結果、肌の隅々まで栄養が行き届かなくなり、様々なトラブルが。

例えばコラーゲンを生み出す繊維芽細胞に届かなくなると
肌の支えであるコラーゲンが少なくなって皮膚が陥没。
それがシワの原因となるのです。

スポンサードリンク

しわたるみの救世主はアンチオポエジン1

しわたるみの救世主は毛細血管側にあるTie2という物質。
これが壁細胞をはがれにくくする接着剤の役割を果たしています。

さらにその接着剤を活性化する物質が癖細胞から出ています。
アンチオポエジン1という物質です。

実はアンチオポエジン1と
同じ働きをする食材があるというのです。

それは
・ヒハツ(ピーヤシ)
沖縄八重地方特産の香辛料。
ゴーヤチャンプルーや沖縄そばにかかせないものだそう。

・シナモン
・ルイボスティー
これが、血管美人にしてくれる三大食材。

血管の静脈マッサージ

食材以外にも血管をケアする方法はあります。

血管を若く保つにはこまめな運動が必要。
有酸素運動のこまめな運動をして血を滞らせないこと。

血流という流れを作ることによって、老廃物が流れやすくなり、血管を若くしてくれます。
また腸にとっても血流というのは大事。

静脈マッサージ


【1日5分 静脈マッサージ】

静脈に沿って心臓に血液を戻すようにマッサージをし、血液の循環を良くする。

例えば
手首から腕の方へ
足首から太ももの方へ

【静脈マッサージポイント】
心臓に対して遠い所から近い方へ
やや強めになでる
入浴中が効果的

 

マッサージでほうれい線対策

耳の後ろをマッサージ
首から鎖骨へマッサージ
耳の周りをマッサージ
(耳を潰したりしながら行います)
頭皮も一緒にマッサージするとよい

 【まとめ】
美肌のためには血管を鍛えろ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ