クリスマスプレゼント 2015 おすすめ!男の子&女の子のおもちゃ

クリスマスプレゼント

お子様へのクリスマスプレゼントは考えていますか?

クリスマスに向けておもちゃの新作が続々と登場しています。

そんな新作のおもちゃやプロが選んだ2015年のクリスマス向けおもちゃを紹介。



クリスマスおもちゃ見本市2015の1位!

クリスマス商戦に向けた展示会『クリスマスおもちゃ見本市2015』で
『プロが選んだ今年のクリスマスおもちゃ』をとして、男の子向け、女の子向け、知育・幼児玩具、ゲーム・パズル、バラエティの5部門でのベスト1位が発表されました。

【プロが選んだ今年のクリスマスおもちゃ』の男の子向け部門の1位】
仮面ライダーゴースト変身ベルト DXゴーストドライバー(バンダイ 7558円)

付属のゴーストアイコンをというメダル型のアイテムをメダルにセット。
本物の仮面ライダーと同じ変身音&LED発光。


【仮面ライダーゴースト変身ベルト DXゴーストドライバー】



【プロが選んだ今年のクリスマスおもちゃ』の女の子向け部門の1位】

アメリカ発ファンルームシリーズ。

シリコンのバンドを編んで簡単にアクセサリーが作れちゃいます。
作り方は簡単。
専用の板にバンドをかけ編み棒で編んでいくだけ。


【ファンルームDX デコレーションセット】

ファンルームDX デコレーションセット



【知育・幼児玩具部門の1位】

【アンパンマン はじめてのおしゃべり48〈アガツマ〉】



【ゲーム・パズル部門の1位】

【野球盤 3Dエース モンスタースタジアム〈エポック社〉】



【バラエティー部門の1位】

【 OHaNAS(オハナス)〈タカラトミー〉】



新商品のおもちゃが続々登場!

ある地方の情報番組でクリスマスプレゼントのおもちゃの紹介がされていました。

今年のおもちゃのキーワードは進化。
様々な懐かしの商品が進化を遂げているんです。

57年もの間愛され続けている野球盤。
消える魔球もあり世の野球少年たちは大興奮でした。

それが進化を遂げ今年4月に発売されたのは野球盤3Dエース(6478円)
なんと3Dになってボールが浮くようになったんです。

プロが選んだ今年のクリスマスおもちゃ ゲーム・パズル部門の1位にも選ばれています。


【野球盤 3Dエース モンスタースタジアム〈エポック社〉】



皆さんおなじみの電車のおもちゃに最高時速およそ600キロ。
未来の乗り物 超電導リニアが登場。

スポンサードリンク

それが今年9月に発売された「リニアライナー超電導リニアLO系スペシャルセット 35000円(税別)」

本物と同じように磁力で車体を浮かせて走行。

この浮上走行によりリニアの早さを再現。


【リニアライナー超電導リニアLO系スペシャルセット 】

リニアライナー超電導リニアLO系スペシャルセット 



オセロも進化。
白と黒の石を使って2人で遊ぶゲームです。

しかし、「みんなでオセロ 3500円(税別)」はカラフルな四面体によって4人対戦が可能になったんです。
遊び方は通常のオセロと一緒。最後に自分の色が多かった人が勝ち。


【みんなでオセロ 】

オセロ



今女の子に人気の「フェルティミシン 5722円」。
糸を使わないミシン。

糸を使わないのに縫える理由は6本の針。

上下についた針にギザギザがついていて、フェルトを通り抜けるとき、上下についた針のギザギザがフェルトの繊維を絡めとるんです。

絡めとった繊維がもう一方の生地に複雑に絡まることによって縫えるのです。

別売りのキットを使えば、バックやポーチなども作れちゃいますよ。


【フェルティミシン 5722円】

フェルティミシン

フェルティミシン



11月に発売予定の「3Dドリームアーツペン イマジネーションセット(4860円)」

このペンで立体的な絵をかくことができるんです。
ペンで普通にお絵かきします。

実はこのインクは特殊な樹脂でできていて専用のライトをあてると固まるんです。
固まった絵は立てることもできます。


【3Dドリームアーツペン イマジネーションセット】

3Dドリームアーツペン イマジネーションセット

3Dドリームアーツペン イマジネーションセット



2008年に発売以来、子供たちに大人気のブレイドボード。
さらなる進化を遂げたニューアイテム登場。
アメリカから上陸したオービットウィール(8990円)


【オービットウィール】

オービットウィール

スケートとスケートボードを合わせたような乗り物でわっかのところに足をのせてのります。



まとめ

おもちゃもどんどん進化して、大人も一緒に楽しめますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ