健康みそ汁ベスト3!腸内デトックス・美肌・長寿効果【バイキング】

おみそ汁
2016年3月28日放送のフジ「バイキング」ひるたつのコーナーで「おみそ汁」がとりあげられました。
味噌汁健康法SP!

冷蔵庫の余り物を味噌汁に入れるだけで肌若返り&長寿効果がある!?

臨床栄養実践協会理事長の足立香代子先生に栄養満点みそ汁レシピを教えていただきます。

スポンサードリンク

美肌&長寿効果があるおみそ汁のレシピ

【抗酸化力抜群!最強長寿みそ汁】

隠し味ににんじんジュース!

『材料』
煮干し、ブロッコリー、卵、ニンジンジュース(ニンジン)、焼きのり

『作り方』
1.出しに使うのは煮干し
煮干しを火にかける前の水に入れて熱する

煮干しは入れっぱなしにしてそのまま食べるとカルシウムがたくさんとれる→丈夫な骨を保つ

2.鍋が煮立ったら、ブロッコリーを入れる
ブロッコリーはビタミンCがレモンの2倍→血管・歯・軟骨を正常にする
スルフォラファンが豊富→ガン予防に効果が期待

3.にんじんジュースを水1:にんじんジュース1の割合で入れる

にんじんジュースのβカロテン→強い抗酸化力で健康効果が期待

・ニンジンはすりおろしてもいいが、ニンジンジュースはすりおろすより楽にたくさん摂取できる

4.器に入れて、生卵を加える
・卵は必須アミノ酸が豊富→免疫力を上げる
・生卵なのでビタミンBが失われない→疲労回復や代謝UPに期待
・人参の味をまろやかにする

5.焼きのりをラーメンのように添えればできあがり!

・にんじんジュースがなければニンジンベースの野菜ジュースでもよい

・みそは大豆イソフラボンが豊富→女性ホルモン・エストロゲンと似た働き、女性の美しさや若々しさを助ける、骨粗鬆症予防効果が期待される

スポンサードリンク


【丸ごとトマトを入れるだけ!-5歳肌みそ汁】

みそ汁

『材料』
カツオ節、トマト、オクラ、レモン

『作り方』
1.ダシはかつお節で。
沸騰したお湯にかつお節をひとつまみ入れて出汁をとる
・かつお節は必須アミノ酸9種類全て含む
・アミノ酸は肌の細胞を作る原料→美肌に効果的!
・だしをとったかつをぶしをそのまま食べるとさらにアミノ酸を摂取できる

2.トマトを栄養素が出やすいように十字に切り込みを入れて、丸ごと鍋へ入れて皮ごとゆでる

・トマトはリコピンが多く抗酸化力がとても強力
抗酸化力はビタミンEの約100倍

トマトは加熱するとリコピンの吸収力が約3倍にUP!
みそ汁に入れると効率よく吸収可能

3.オクラを輪切りにして鍋に加える
・オクラは食物繊維が豊富。腸内環境を整え、体・肌も若返らせる

4.塩分の少ない白みそを溶かす
赤みそは塩分が10%なのに対して白みそはその半分の約5%

5.レモンの輪切りを食べる直前に入れればできあがり!
・レモンはビタミンCが豊富→メラニン色素を抑制=シミ予防・改善
・加熱すると壊れる栄養素なので食べる直前に入れるとよい

※トマトは2日酔い対策にもよい

【赤みそと白みその違い】
赤みそ
熟成期間→半年~1年以上 塩分→約10%

白みそ
熟成期間→1週間~数か月 塩分→約5%

※みその保存方法→空気に触れないようにラップで覆う。
冷蔵庫or冷凍庫で保存。




【腸内デトックス!みそ汁のレシピ】

捨ててしまいがちな食材でできる!

『材料』
昆布、しいたけの軸、大根の葉、茶葉

『作り方』
1.出しとりにつかうのは昆布。
火にかける前の水にハサミで小さく切った昆布を入れて熱する

・昆布は食べると水溶性食物繊維を摂取可能→腸に良い

2.煮立ったら、しいたけの軸を細かく切って鍋へ入れる
・しいたけの軸は捨てがちだが栄養がたっぷり
・不溶性食物繊維が豊富、昆布の水溶性食物繊維と相乗効果が期待
・少し癖があるじくもみそ汁に入れて煮込むとほどよい食感に

3.大根の葉を刻んで鍋に加える
・大根の葉は白い根の部分より圧倒的に栄養が多く、ほうれん草より鉄分約1.5倍、ビタミンC約5.5倍

4.出がらしになった茶葉を鍋に加える
・茶葉はカテキン→お茶よりも茶葉に多く、体のサビつきを防ぐ抗酸化作用に優れる

5.みそを溶かしてできあがり!

活用できる余りもの食材

大根の葉やシイタケの軸以外にもおすすめの
おみそ汁にいれるあまりものの具材。

魚のアラ→EPA・DHAがとれる
サンマの骨(焼いてから入れる)→カルシウムがとれる
ゴボウの皮→食物繊維がとれる
エビの殻(しっぽや頭)→アスタキサンチンがとれる


感想

おみそ汁にトマトを入れるのはちょっと勇気がいるかも…。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ