でっかい肉だんごの春野菜煮&カレーうどんby本田明子先生【あさイチ】

カレーうどん

2016年3月31日放送の「あさイチ」の「解決ごはん」

「簡単に手に入る材料でパパっと作れる料理を教えて。」というリクエスト。

料理研究家の故小林カツ代さんの一番弟子、本田明子さんが初登場。

大きめの肉だんごを春の野菜といっしょに煮込む料理を教えていただきます。
さらに5分でできるカレーうどんも紹介。

スポンサードリンク

でっかい肉だんごの春野菜煮

でっかい肉だんごの春野菜煮

『材料』(2人分)

(肉だんご)
豚ひき肉→200g
塩、こしょう→小さじ2/1
しょうが(すりおろす)→小さじ2/1
かたくり粉→大さじ1
水→カップ4分の1

春キャベツ(軸を付けたまま2等分)→4分の1コ分
新たまねぎ(芯を付けたまま2~4等分)→1コ分
にんじん(4~5センチ長さの棒切り)→1本分
小かぶ→2コ

しょうが→薄切り2枚
赤とうがらし→1~2本
サラダ油→小さじ2

湯→カップ4
酒→大さじ1
固形スープのもと(洋風)→1コ
マスタード→お好みで

『作り方』
1.ボウルに肉だんごの材料を全部合わせて、よく混ぜる。
2等分してだんごを2コ作る。

玉ねぎのみじん切りがないのでラクチン

肉だんごが大きいのでラクチン

2.鍋にサラダ油、しょうが、赤とうがらしを入れて、中火にかけ、香りが出たら、湯、酒、固形スープのもとを加え中火で煮る。

3.フツフツしてきたら、①の肉団子を入れ、ふたをして、5分間煮る。

4.野菜を鍋のあいている所に詰め込む。

野菜はあとから。肉だんごは動かさない

(煮ておいしい野菜だったらなんでもいい)
(野菜はわりと大きめでいいようです)

ふたをしてさらに10~20分間(野菜の大きさによる)、中火で煮る。

5.塩、こしょう(各分量外)で味を調えればできあがり!
お好みでマスタードをつけて食べる。



1人暮らしなどで余った場合、アレンジ料理として
次の日はバジル、トマトとオリーブ油を入れてイタリアンに。

スポンサードリンク



5分でできるカレーうどん

カレーうどん

『材料』(1人分)
ゆでうどん(冷凍タイプでもよい)→1玉
豚こま切れ肉→50グラム
細ねぎ(ブツ切り)→3本分

(A)
水→300ml
油揚げ(細切り)→2/1枚分
カレー粉→小さじ2
めんつゆ(3倍濃縮)→カップ4分の1

かたくり粉、水→各小さじ2

『作り方』
1.鍋にAを入れて中火にかけ、沸騰してきたら、
油揚げと豚こま切れ肉を加える。

2.肉に火が通ったらうどんを加え、温まったら、うどんだけ器に移す。
(多少鍋に残ってもo.k)

3.鍋に水溶きかたくり粉を混ぜ、細ねぎを加えて再び中火にかけ、
とろみが付いたら、器のうどんにかける。

お好みで七味とうがらし(分量外)をふればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ