自宅でできるDIY健康診断!脳卒中、自立神経失調症、サルコペニア肥満【世界一受けたい授業】

DIY健康診断

2016年4月9日放送の「世界一受けたい授業」で
「隠れた病気が自宅で簡単にわかるDIY健康診断」がとりあげられました。

自宅でで脳卒中、COPD、サルコペニア肥満、自立神経失調症などを
簡単にチェック!

隠れた病気の早期発見につなげましょう。

スポンサードリンク

自宅で簡単にできるDIY健康診断

教えてくれるのは銀座医院院長補佐の久保明先生です。

家族性高コレステロール血症の見分け方


脂質異常症は足のある部分の太さをはかるとわかるそうです。

それはアキレス腱。

アキレス腱の1番細くなっている部分を指でつまんでその幅を測り、
幅が1.5cm以上ある場合は要注意。

なぜアキレス腱を測ると分かる?

アキレス腱の太さは性別や体格にはほとんど関係ないのです。

しかし、血液中のコレストロールや中性脂肪が付着しやすい傾向があるので、
アキレスが太くなっていると脂質異常症の1つである、
家族性高コレステロール血症の疑いがあります。

遺伝的にコレストロールが高くなる体質だということがわかるのです。

目頭に黄色いしこりがあるのも家族性高コレステロール血症のサイン。

日本人の心筋梗塞では10人に1人がこの家族性高コレステロール血症と言われている遺伝で、
その診断に有効と言われています。

病院ではレントゲンなどの撮影をして、
0.9cm以上ある場合は家族性高コレステロール血症の可能性があることを疑うとのことです。


自宅で分かる脳卒中の検査

脳卒中は脳の血管がつまるなどして脳が死滅してしまう病気。

そのためとにかく早く兆候を見つけることが重要になります。

九州労災病院では脳卒中の早期発見テストとして腕だしテストを行っているとのこと。

【腕だしテストの方法】
1.背筋を伸ばして立つ。

2.手のひらを上に向けて両手を肩の高さまで持ち上げる。

3.そのままの状態で、目を閉じて10秒キープ。

10秒後片手が下がったら要注意!

脳卒中になると、体を動かす機能が損なわれ腕の力が入らなくなったりして
腕が下がってきてしまうのです。

ほかにも顔の表情の左右差を見て、顔のどちらかが下がっている場合や
話し方が流暢じゃな場合は、すぐに病院へ。


COPDのDIY健康診断

COPDというのは慢性閉塞性肺疾患のこと。

肺が炎症を起こし、気管支が細くなったり
酸素と二酸化炭素の交換をする肺胞が破壊され、
せきや息切れ、さらには心筋梗塞の原因にもなる恐ろしい病気。

このCOPDを簡単に検査するにはマッチを使います。

【マッチ消しテストの方法】
1.火の付いたマッチを片手で持ち、
口から15cm程度の距離をとる。

2.その状態で、口を開けたまま、
炎に息をハッと吹きかけて炎が消せるか
試す。
この時、口はすぼめない。

消せない場合は、息の速度が低下しており
COPDの疑いがあります。

マッチがない場合は、同年代の人と一緒に歩いて、
自分だけ息が上がらないか確認してみてください。


スポンサードリンク

サルコペニアをDIY健康診断

これを調べるには指わっかテストを行います。

【指輪っかテストの方法】
1.両手の親指と人差し指で輪っかを作る。

2.その輪っかを自分の利き足と反対の足の
ふくらはぎの一番太い箇所にはめてみる。

この時、指で締め付けないように。

ふくらはぎが太く囲めない場合は、問題ないですが、
ふくらはぎの筋肉が細くなっていて、
囲めてしまった場合は要注意。

筋肉量の減少が進んでおり、
サルコペニアの疑いあり。

加齢とともに進む症状ですが、近年は若い人たちにも増えてきているとのこと。
その理由は無理なダイエット。

脂肪だけでなく筋肉も減少させてしまう。

そしてリバウンドして体重が元に戻っても
筋肉は戻らず脂肪だけ増えるのだそうです。

筋肉が減少し脂肪が増えてしまった状態を
サルコペニア肥満と呼びます。

筋力が落ちているので基礎代謝も落ち、
しんどいので運動をするのがさらに嫌に。
そして、また脂肪が増えるという悪循環になります。

しかし、囲えなかった場合でも2つ危険な場合が。
1つはむくんでいる場合。
2つめは脂肪がついている場合。

指輪っかテストは筋肉の量を見る検査でしたが
今度は筋肉の質を見る検査。

【腕組片足立ちテスト】
1.椅子に座った状態で手を組みます。

2.そのまま片足で立ち上がります。

両方の足でできたらOKです。

下肢の筋肉は加齢と供に弱くなる。
そうすると転びやすくなり転倒するリスクも増える。

このテストは簡単で、トレーニングとのこと。


貧血

若い女性に多い貧血。
血液中の赤血球が少なくなってしまうことで体に酸素を十分に運ぶことができず、
めまいや立ちくらみを起こす病気。

貧血になるとある食べ物が無性に食べたくなることがあるそうです。

それは氷。

貧血の中で一番多い鉄欠性貧血になると普通は召し上がらない物を食べる、
異食症というものの中に、氷を食べる氷食症が含まれるそうです。


自立神経失調症のDIY検査

自立神経失調症は不眠やうつなどの原因の1つにもなります。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって不眠になったり体温調節がむずかしくなったりします。

この自立神経失調症を調べるには起き上がり脈拍テストを行います。

【起き上がり脈拍テスト】
1.脈拍計を腕にセットします。

2.仰向けに寝て5分間安静にします。

3.脈拍計で1分間の脈を測ります。

4.立ち上がり、すぐに脈拍を測ります。

5.その後、たった状態で1分後・3分後・5分後も測ります。

寝ている状態から立った時に+30以上になったら要注意。

さらに、1分・3分・5分と時間が経つにつれて
普通、脈拍は下がっていきますが、
寝ている状態に比べて、脈拍がマイナスになっていたら要注意。

どちらも自立神経失調症の疑いがあります。

対策としては軽い運動を繰り返すと
自律神経を鍛えることができるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ