マロン流!カポナータ&ブルスケッタ&丼のレシピ【あさイチ】

マロン流!カポナータ

2016年4月13日放送の「あさイチ」の「解決!ゴハン」で「マロン流!カポナータ」が紹介されました。

「イタリアンが好きな私と夕飯は白米と決めている親。どちらにもうれしい料理を!」というリクエストにこたえます。

マロンさんに教えていただきます。

スポンサードリンク

マロン流!カポナータのレシピ


【マロン流!カポナータのレシピ】

マロン流!カポナータ

『マロン流!カポナータの材料』(4人分)
オリーブ油→大さじ5
にんにく(みじん切り)→1かけ分
いかの塩辛→大さじ2

たまねぎ(1.5センチ角に切る)→2分の1コ分
にんじん(1.5センチ角に切る)→2分の1本分
セロリ(筋を取り1.5センチ角に切る)→2分の1本分

パプリカ(赤黄/ヘタと種を取り2センチ角に切る)→各1コ分

なす(縦4等分にし、2センチ幅に切る)→(小)3コ分
ズッキーニ(縦4等分にし、2センチ幅に切る)→1本分

(具は豆などを入れてもいい)

塩、黒こしょう(粗びき)→各適量

トマトの水煮(缶詰ホールタイプ)→1缶(400グラム)

トマトケチャップ→大さじ1
米酢→大さじ1
青じそ→8枚

『マロン流!カポナータの作り方』
1.フライパンにオリーブ油、にんにく、いかの塩辛を入れて弱火にかける。

いかの塩辛でコクとうま味UP!
アンチョビっぽくなる

2.香りが立ったら、たまねぎ、にんじん、セロリを加えて、
強火で焦がさないように3分間ほど炒める。

3.パプリカを加えて、強火で2分間炒める。

4.水にさらしてから水けを拭いたなす、ズッキーニを加えて2分間ほど炒めたら、
軽く塩、黒こしょうをふる。

5.つぶしたトマトの水煮を加えて、混ぜながら強火で3~5分間ほど煮詰める。
全体につやが出てきたら、トマトケチャップ、米酢を加える。

ホールトマト缶を手でつぶすとおいしい

ケチャップがなければ砂糖、はちみつでもよい

6.青じそをちぎりながら加えて炒め合わせる。
塩、黒こしょうで味を調えればマロン流!カポナータのできあがり!



スポンサードリンク

カポナータ丼のレシピ


【カポナータ丼のレシピ】

カポナータ丼

『カポナータ丼の材料』(1人分)
マロン流!カポナータ→適量(作り方は上を参照)
溶き卵→1コ分
しょうゆ→適量
ごはん→茶わん1杯分

青じそ→適量
黒こしょう(粗びき)→適量

『カポナータ丼の作り方』
1.茶わんにごはんを盛り、しょうゆ、溶き卵をかけて
カポナータをのせる。

2.青じそをちぎって散らし、黒こしょうをふれば
カポナータ丼のできあがり!



カポナータのブルスケッタのレシピ


【カポナータのブルスケッタのレシピ】

カポナータのブルスケッタ

『カポナータのブルスケッタの材料』
フランスパン(1.5センチ厚さの斜め切り)→適量
にんにく→適量
オリーブ油→適量
マロン流!カポナータ→適量(作り方は上を参照)
イタリアンパセリ→適量

『カポナータのブルスケッタの作り方』
1.フライパンにフランスパンを並べて火にかけ、両面を色よく焼く。

2.にんにくに切り口をつける。フランスパンが熱いうちに片面にすり込み、香りをつける。

オリーブ油をかけ、カポナータをのせてイタリアンパセリを飾れば
カポナータのブルスケッタのできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ