おいしい焼きそばの作り方&ハンバーグをジューシーにする方法【ソレダメ】

焼きそばの作り方

2016年4月13日放送の「ソレダメ」は「ソレダメ!~芸能人の健康法にソレダメスペシャル~」

ここでは「べちゃっとならない焼きそばの作り方」と「ハンバーグをジューシーにする方法」を紹介!

スポンサードリンク

べちゃっとならない焼きそばの作り方

焼きそばを作る時、肉と野菜を先に炒める→ソレダメ!

焼きそばを作る時、肉と野菜を先に炒めて最後に麺を入れますよね。

いったいなにがソレダメなのか。

焼きそばやお好みソースなどでおなじみオタフクソース株式会社 お好み焼課の山本さんはこう語る。

山本さん「肉と野菜を先に炒めるとべちゃっとした食感の悪い焼きそばになってしまうんです。

そもそも市販の麺は炒めるときにほぐれやすくするために表面が油でコーティングされているんです。

麺に油がついたままだと麺同士がくっついてしまう。」

麺の油を野菜が吸収してしまい、食感も悪くなってしまうのだという。

そこで山本さんがおいしい焼きそばの作り方を教えてくれました。。


【オタフク流の焼きそばの作り方】

焼きそばの作り方

1.まずは麺を先に炒めてパラパラになるまでほぐしていく。

2.麺をフライパンの半分に寄せてあいたところに肉と野菜を入れて炒める。

3.肉と野菜を入れて火が通ったら麺を上からかぶせて約2分間野菜を蒸らす。

これによりキャベツの青臭さがなくなり甘みが増す 

4.焼きそばソースと混ぜあわせたらオタフク流の焼きそばのできあがり!



スポンサードリンク

ハンバーグをジューシーに

お肉料理の定番ハンバーグ。

実は通常の手順にあるひと手間を加えるだけでジューシーでおいしくなるとっておきの方法があった。

ファミリークッキングスクール校長料理研究家浜内千波先生が解説。
ハンバーグのタネに入れるあるものとは。

ハンバーグのタネを作ったら中央に深めのへコミを作る。

そこに入れるのがなんとコーヒーゼリー。
スプーン1杯のコーヒーゼリーを入れて包むだけ!

ハンバーグ

コーヒーゼリーが熱で溶け、肉汁と合わさることでよりジューシーに。
そのためしっかり焼き目をつけてもパサパサにならない。

なのでナイフを入れると…。
たっぷりの肉汁が…。

またコーヒーのほのかな苦味が絶妙の隠し味になり一石二鳥。

ぜひお試しください。

スタジオで試食していましたが、全然コーヒー感はなく、おいしいといっていました。


感想

ハンバーグにコーヒーゼリーを入れるのはちょっと勇気がいるかも(^_^;)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ