日本一の産地八女市のタケノコ料理のレシピ&あく抜きの方法【この差って何ですか】

タケノコのレシピ

2016年4月17日放送の「この差って何ですか?SP」の「日本一の産地で作る たけのこ料理の差」

日本一のたけのこ産地・福岡県八女市ならではタケノコのレシピを紹介!

スポンサードリンク

おいしいタケノコ

上地雄輔と小倉優子は日本一のたけのこの産地・八女市の名人のもとを訪れ、たけのこ掘りを体験。
名人によるとたけのこは穂先が黄色いほうが甘くて柔らかいとのこと。

ということで黄色い穂先のたけのこを収穫し、2人は採れたてを生のまま試食したり、酢味噌につけたり、焼きたけのこにして味わったのでした。

タケノコ料理のレシピ

日本一のたけのこの産地・八女市を訪れている上地雄輔とゆうこりんが、ここからは産地ならではのたけのこ料理を教えてもらいます。

一般的な家庭のたけのこ料理といえば3位はチンジャオロース、
2位はたけのこご飯、1位は煮つけだったが、八女では3位が天ぷら、2位と1位は同じだった。
しかし煮つけなどは作り方に差があるとのこと。



たけのこのあく抜き

まず穂先を切ります。
切ったほうが火の通りがよくなるため。

タケノコの穂先

そして鍋に水を入れて、一般的には米ぬかを入れてあく抜きをしますが、
米ぬかではなくタカの爪と一緒に鍋に入れアク抜きする。
(鍋にタカノツメを3つぐらいいれていた。)

タケノコのあく抜き

エグミがとれ、身が引き締まって防腐効果もあるとのこと。

アルミホイルの落し蓋をしてホントのふたをして約45分ほど下茹でします。

タケノコのあく抜き

茹で上がると皮をむくが、姫皮はおいしいので残しておく。

茹でたタケノコを一般的な家庭では外皮・内皮をむきますが
八女市では外皮だけをむいて内側の姫皮は残しておく。



たけのこの煮つけのレシピ

日本一のたけのこの産地・八女市の「たけのこの煮つけ」の作り方を地元の方が披露。

【福岡県八女市のたけのこの煮つけ】

『材料』
たけのこ→1本(中位の大きさ だいたい350g程度)
水→ 4カップ
いりこ→ 10g
昆布だし顆粒→ 小さじ1/3
醤油→ 大さじ2弱
薄口醤油→ 大さじ2弱
さとう→ 大さじ2
さけ→ 大さじ3
みりん→ 大さじ3

『作り方』
1.ゆでたたけのこを切る。
根本⇒固いので繊維を断ち切るように、横に切る。
穂先⇒穂先は柔らかいので、繊維に沿って縦に切る。

2.いりこは鍋で乾煎りをする。

3.ここに水・調味料・①の切ったたけのこを入れる。

4.落とし蓋をして 沸いたら火を弱めの中火に して約20~25分煮る。
※煮汁が半分以下になったら火をとめる目安。
※火からおろし 一度冷ますと味がしみ込みます。

タケノコの煮つけ

さらに「たけのこの煮つけ」が余った時は、天ぷらにアレンジするのがおすすめだとのこと。

【福岡県八女市のたけのこの天ぷら】

スポンサードリンク

『材料』
たけのこの煮つけ→適量
天ぷら粉→50g
冷水→80ml

『作り方』
1.天ぷら粉に冷水を入れ混ぜる。
2.油を180℃位に熱する。
3.たけのこの煮つけを①にくぐらせ油に入れる。
4.さっと揚げればできあがり。



たけのこご飯のレシピ

次に「たけのこご飯」の作り方を地元の方が披露。
茹でたたけのこの穂先だけ使います。


【福岡県八女市のたけのこご飯】

『材料』
たけのこの穂先部分→250g
米→3合
人参→1本
南関揚げ(普通の油揚げでも代用OK)→ 1枚
水→ 1カップ
酒→ 大さじ3
みりん→ 大さじ3
砂糖→ 大さじ1
しょうゆ→ 大さじ3と1/2

『手順』
1.ご飯を普通より水加減少な目に炊く。

2.たけのこを薄切りに、にんじん1本をイチョウ切りに切る。南関揚げは1センチ角に切る。

3.フライパンに油をいれ、たけのこ、にんじんを入れて炒める。

4.調味料・水を入れる。
南関揚げをいれ、煮立ったら 弱めの中火で5分から10分煮る。
水分が飛んだら火からおろす。

5.炊き上がった白ごはんに ④の煮た具を混ぜる。

6.焼き明太子、にんにくの醤油漬けを入れて混ぜればできあがり
※にんにくの醤油漬けは、醤油、みりん、氷砂糖でにんにくを漬けたもの。

たけのこご飯


たけのこのバーガーのレシピ

次に「たけのこバーガー」の作り方を地元の方が披露。


【福岡県八女市のたけのこバーガー】

『材料』
種用
たけのこ穂先→1/4本(80g)
合いびき肉→ 200g
卵→ 1/2個
パン粉→ 1/2カップ
塩→ 小さじ1/4
胡椒→適量

サンド用
たけのこ5ミリスライス→14枚
ケチャップ→大さじ3
オイスターソース→小さじ1
サラダオイル→適量

『作り方』
1.茹でたたけのこの 1cm弱角に切る。

2.ひき肉に 卵・パン粉・塩・胡椒をいれ よく混ぜる。

3.切ったたけのこに小麦粉を少々まぶしひき肉に混ぜる。

4.7等分し丸め フライパンにサラダオイルをいれて ハンバーグの要領で焼く。

5.最後にケチャップ・オイスターソースを入れ 絡ませ 火からおろす。

6.フライパンでサンド用たけのこをサラダオイルで両面を焼く。

7.サンド用たけのこ2枚の間にハンバーグをはさめばできあがり。

タケノコバーガー


たけのこのしゃぶしゃぶのレシピ

次に「たけのこしゃぶしゃぶ」の作り方を地元の方が披露。


【たけのこのしゃぶしゃぶ】

下茹でしたたけのこを薄くスライスし、豚肉とともにしゃぶしゃぶする。

ポン酢のほか、オリーブオイル・ハチミツ・酢の入った袋で梅やキウイをつぶしただけのドレッシングだれもおすすめ。

感想

タケノコのあく抜き方法はいろいろありますね。
大根をすったお汁であく抜きをするというのが話題になっていたようですが…。

【ソレダメ】タケノコご飯のレシピ、簡単なあく抜きの方法、おいしい見分け方!

唐辛子は下茹でに45分ということで時間はかかるけど
唐辛子をいれるだけなのでお手軽ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ