レシピの女王!シンプルレシピ「トマ玉サーディン丼」by須田順子【ヒルナンデス】

須田順子の丼レシピ

2016年4月18日放送の「ヒルナンデス」の中の
「レシピの女王!キッチンチャレンジ THEシンプルレシピ」

今回の料理テーマは「丼」
簡単アイデア満載!絶品丼

究極に簡単でおいしいシンプルレシピを発表。
そして、料理が苦手な女子が本当に簡単かどうかを審査。

ここでは5代レシピの女王 須田順子さんの『トマ玉サーディン丼』を紹介!

スポンサードリンク

5代レシピの女王須田順子さん


シーズン5で日本一に輝いた須田順子さん。
女王初のレシピ本は大好評。

さらにこの春からは地元宮城でテレビ番組にレギュラー出演。
第5代レシピの女王として大活躍。

そんな須田さんが得意とするのは魚料理。
様々な魚を鮮やかに調理するテクニックで挑むシンプルレシピ。



トマ玉サーディン丼


【トマ玉サーディン丼のレシピ】

須田順子の丼レシピ

スポンサードリンク

『材料』(4人分)
オイルサーディン→2缶
ナス→2本      
プチトマト→1パック                   
ご飯→4杯分                     
              
(A) 
柚子胡椒→10g               
ブロッコリースプラウト→1パック
めんつゆ→大さじ3弱40g

(B)
バター→20g

(C)
卵→6個                      
生クリーム→100cc                 
塩→1g   

『作り方』
1.ブロッコリースプラウトは根を切ってから洗い、水切りをしておきます。
プチトマトは半分に切ります。

2.ナスはヘタを切落とし、耐熱の袋に入れ電子レンジ(600w)で
3分ほど加熱し、粗熱が取れたら輪切りに切ります。
※ナスは焼くのに時間がかかるため

3.AとCはそれぞれボウルに入れ混ぜ合わせておきます。

4.フライパンを2つ用意し、1つにはオイルサーディンと、
チンした輪切りのナスを加え、火をつけてどちらも両面こんがりと焼きます。

5.④にAを加え味付けし、火を止めます。 

6.もう1つのフライパンにはBのバター入れて火にかけ、
半分溶けたらプチトマトを切った断面を下にして加え焼きます。

プチトマトに切った断面を下にして焼くと
水分が飛んでうま味が凝縮される

7.良く焼いたら、途中で裏返します。
Cを加え、ヘラで8の字を描くように卵に火を通し、
ふんわりと仕上がったら火を止めます。

8.丼にご飯をよそい、⑦の卵を盛り、④のイワシ、ナスを中央に盛り付け、
フライパンに残っているタレをかけます。

9.仕上げにブロッコリースプラウトを散らしたらできあがり!

オイルサーディンの美味しさをやさしい卵が引き立てます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ