日本初上陸グルメ!シュー・ダンフェール パリのシュークリーム&ミゲルフアニのパエリア【嵐にしやがれ】

パエリア

2016年4月23日放送の「嵐にしやがれ」

浅田舞・真央姉妹が参戦して日本初上陸グルメのデスマッチが行われました。

ここでは最初の2つを紹介!

新宿のNEWoManにあるシュー・ダンフェール パリのシュークリーム、マリン&ウォーク横浜にあるスペイン料理 ミゲルフアニのパエリア。

スポンサードリンク

シュー・ダンフェール パリのシュークリーム

2016年4月15日にオープンしたばかりの
新宿のNEWoManにあるお店。

史上最年少で3つ星を獲得したカリスマシェフの
アラン・デュカスのシュークリーム。

シュー・ダンフェール パリのシュークリーム

海を越え上陸したのはパリで本店を構えるシュー・ダンフェール パリ。

シュー生地は日本のものと比べかなり小ぶり。

こだわるのはその食感。

ザクザクのアラレ糖と
ローストナッツをまぶし、
生地はパリッと焼き上げる。

もちろん中のクリームは注文を受けてから
一つ一つ丁寧に入れる。

日本のシュークリームと比べるとだいぶ小ぶりだが、
フランスではこのサイズが定番で
ゆえにこちらのお店ではシュークリームを2口の贅沢と呼ぶ。

スポンサードリンク

今回は3つの味がセットになった「トラディション」
313円。
ショコラ、キャラメル、アグリュムの3種が楽しめます。

【問題】
このお店の名前「シュー・ダンフェール」を日本語に訳すと「××のシュークリーム」
さて何のシュ―クリーム?



【正解】
「地獄のシュークリーム。」

地獄のシュークリームの由来。
一度食べたら病みつきになってしまうことから。

二宮和也さんが正解し、いただきました。



スペイン料理 ミゲルフアニのパエリア

この3月みなとみらいにオープンしたマリン&ウォーク横浜から。

行ってみると大行列!
並んでも食べたいのはパエリア。

なぜこんなに人気なのか?

スペインで開催される国際大会で優勝した
世界一のパエリアだから。

鶏肉、いんげん、そして本場のパエリアには欠かせない×××の肉。
これをトマトとパプリカの粉で炒めベースとなる鶏ガラスープを流し込み、
そこにスペイン産こだわりのお米を入れ、
これを強火で一気に炊き上げる。

お米が半分以上浮き上がったらオーブンで3分。

しかしまだ完成ではない。
再び火にかけ、仕上げ焼き。

目指すのはパエリアの命…そう!おこげ。
おこげを楽しみたいからこそパエリアは薄い鍋で作られる。

【問題】
「本場バレンシアのパエリアに加えた鶏肉ともう1つ欠かせないお肉は何?」



【正解】
「ウサギ」

ヨーロッパではポピュラーなお肉で、
パエリア発祥の地のバレンシアでは
うさぎ肉の旨みこそが味の決め手!

正解した浅田舞さんが「バレンシア風パエリア」を食べたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ