足腰の衰え(ロコモティブシンドローム)を自宅でチェック!【家庭の医学】

2016年4月26日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は「家庭でできる!カラダ検診SP 」

「脳」「足腰」「呼吸器」「目」について家庭で今すぐ出来る方法でチェックする。

ここでは足腰の衰え(ロコモティブシンドローム)を紹介!

スポンサードリンク

足腰の衰え(ロコモティブシンドローム)をチェック

カラダ検診①
「ロコモティブシンドローム(加齢により足腰が衰えた状態)」になっていないかを
2つのテストでチェック!

年を重ね、衰えてきたと感じると感じるのは「足腰」から。
実は全身の筋肉の中でも特に衰えやすいと言われるのが、足の筋肉。

将来の転倒防止や寝たきりのリスクを減らすためには、この足の筋肉量を保つことが大切。

しかし、伊奈病院 整形外科部長の石橋英明先生はそれだけがリスクではないと指摘。

石橋先生が警鐘を鳴らすのは、「バランス能力の衰え」。

バランス能力が衰えていると診断された70代女性はウォーキングテストで衰えていない人より歩数が多かった。

加齢で神経機能が低下すると身体のバランスが崩れ歩幅が減少する。

筋力とバランスの衰えを放置すると寝たきりになり介護が必要になる可能性が高くなる。

このような足腰の能力がが衰えた状態をロコモティブシンドローム、
通称ロコモと名付け注意喚起しています。



「ロコモ」状態かどうかがわかる2つのテスト

2ステップテスト&立ち上がりテスト

「2ステップテスト」はどのくらい大股で歩けるか、
その歩幅を調べることで主に【バランス能力】をチェックする検査法

スポンサードリンク


【2ステップテスト】

1.壁にかかとを付けて立つ

2.出来るだけ大股で2歩あるき、両足をそろえる

3.かかとの所にボールペンなどの目印を置く
これが、身長の1.3倍よりも長いかどうかを調べる

4.座って足先を壁につけ、ひざを軽く曲げた状態にする

5.手を伸ばして体をあおむけにする

6.この時指先が目印に届かなければ
大きな歩幅だったということでクリア、
届いてしまうとロコモという判定。



【下半身の筋力】を調べる「立ち上がりテスト」
片足で40㎝の台から立ち上がれるかを判定。

【立ち上がりテスト】

1.椅子に浅く座り、腕を胸の前でクロスする

2.片足のかかとを引き、もう一方の足を前に伸ばす

3.反動をつけずに立ち上がる

4.3秒キープできればOK。

ロコモをチェック

これを両足ともおこないます。

立ち上がれない、3秒以内に足がつくなど状態だと
ロコモの状態にあると判定。


【筋力とバランス能力両方鍛える方法】

片足歯磨きをする

片足で立つと全体重が片足にかかり筋力アップにつながる。
同時にバランス能力も鍛える効果がある。

朝と晩の2回、片足ずつ1分間やるとよいです。
上の歯を磨くときに右足で、下の歯を磨くときに左足で
といった感じ。
筋力がなく不安な方は、壁や洗面台に手や指をついて行いましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ