【世界一受けたい授業】食物アレルギーのTレグ細胞を増やすには昆布!

Tレグ細胞

2016年4月30日放送の「世界一受けたい授業」

最新研究でわかってきたアレルギーの新常識!今大注目の「Tレグ細胞」とは何?
アレルギーに効果的な食べ物とは!?

スポンサードリンク

最新の研究でわかってきた新常識!

花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー。
今や日本国民の2人に1人が
何らかのアレルギーを持っているといいます。

豆腐を食べ過ぎると
手のひらや足の裏がかゆくなるアレルギー
を発症する人がいるそうです。

これはなんのアレルギーかというと
全身型金属アレルギー。

豆腐の原料である大豆には
微量ですがコバルトなどの金属が含まれているので、
全身型金属アレルギーの人が豆腐を食べ過ぎると
かゆみや湿疹をひきおこしてしまうのです。

アレルギー対策の第一歩は正しい知識を身につけること。

講師を務めるのは厚生労働省の
アレルギー指導書も作成した
昭和大学医学部の今井孝成先生です。

アレルギーになりやすい体質は産まれたとき決まっている!?

アメリカのサウスカロライナ大学の研究によると、
最初に生まれた子、つまり第1子は
アレルギーになりやすいことが分かってきました。

研究では約1200人の新生児の臍帯血(へその緒の血液)を検査し、
アレルギー反応を引き起こすIgEという抗体の量を計測。
IgEの量が多いほどアレルギーになりやすいのですが、
第1子→16.5%
第2子→12.8%
第3子→8.0%

第1子が1番多く、第2子、第3子と
減っていくことがわかりました。

また、2016年2月にデンマークで発表された研究では
アレルギーから守ってくれる免疫細胞の数が
第2子以降に比べ、第1子が少ないことも分かってきています。

つまり、第1子はアレルギーを引き起こす抗体が多く、
アレルギーを抑えてくれる細胞が少ないのです。

スポンサードリンク

では、赤ちゃんの時に両親ができるアレルギー対策とは?
それは皮膚を保湿すること。

最近の研究でアレルギーの原因物質は
皮膚からも体内に入ることがわかってきたためです。

皮膚が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下してしまいます。
皮膚の表面近くには腕のようなものを持つ樹状細胞があり、
その腕でアレルギーの物質を取り込んで、
アトピー性皮膚炎などを引き起こしてしまう。

生後6か月までを目安に全身の保湿をする事で
アトピー性皮膚炎を3割以上抑えられる事が
わかっていきました。

例えば食べカスやハウスダストなどが
皮膚の表面について、体内に入ってしまいます。

赤ちゃんの頃は皮膚のバリア機能が未発達なので、
しっかりと保湿することが大切です。

生後6ヶ月までを目安に全身の保湿をすることで、
アトピー性皮膚炎を3割以上抑えられることが
分かってきています。

赤ちゃんの頃に最初になりやすいのは
アトピー性皮膚炎と食物アレルギー。

このどちらかになると
その後3歳くらいに気管支喘息になり
10歳くらいに花粉症になるリスクが高くなります。
この連鎖をアレルギーマーチといいますが
そうならないように全身の保湿は大事な対策です。

Tレグ細胞を増やす方法

最近、アレルギーを根本的になくすために
Tレグ細胞が注目されています。

多くの人は花粉所について
勘違いをしています。

花粉自体は実は体にとって
悪い物質ではありません。

花粉が体内に入ってきた時に
免疫細胞が悪い病原体と勘違いをして
過剰に攻撃することで炎症が起き、
くしゃみや鼻水などの症状が出ます。

一方、Tレグ細胞は外部から入ってきた物質を判断し
免疫細胞が過剰に攻撃しないように
制御する働きがあります。

Tレグ細胞はアレルギーの原因物質によってさまざまあります。
例えばスギ花粉ならスギ花粉に効果があるTレグ細胞が必要。

その中で研究が進んでいる細胞は2つ。

ダニアレルギーのTレグ細胞を増やす方法

日本人の約4人に1人がかかっているアレルギー性鼻炎。
主な原因はダニ。

ダニアレルギーの効果のあるTレグ細胞を増やすのはダニのエキス。

舌下免疫療法と言われ、ダニのエキスを舌の上に垂らして
ダニによる症状を抑える治療法。

2015年から保険適用の治療となったので
専門医の指導のもと行ってください。

食物アレルギーのTレグ細胞を増やす方法

東京理科大学がマウスで行った研究で
昆布を食べると乳酸菌が増え、
腸のTレグ細胞が増えることが分かりました。

現在はマウスによる実験結果ですが、
人への効果も期待されています。

ただし、食べすぎるとむくみや便秘の原因となります。

摂取の目安は
お味噌汁にひとつまみのとろろ昆布を入れて
それを週に2~3回食べるのがおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ