【この差って何ですか?】淡路島の新玉ねぎ料理のレシピ!オニオンカレーなど

タマネギ

2016年5月1日放送の「この差って何ですか?SP」の「“一般家庭で作る新タマネギ料理”と“名産地で作る新タマネギ料理”の差」

新タマネギの産地として有名な兵庫県淡路島の新玉ねぎのレシピを紹介!

スポンサードリンク

淡路島のおいしい新玉ねぎ

上地雄輔さんが兵庫県淡路島を訪れます。
この時期は新タマネギが旬を迎え、日本一甘くて柔らかいと評判だそう。

上地雄輔さんは農家の久米さんの畑で新タマネギを収穫。

生で食べられるというのでその場で皮を向いて食べ、
上地雄輔は「うまい。甘くてタマネギの概念が変わった」と驚きの様子。

久米さんによると、新タマネギは辛味成分のアリシンが少なく糖度が高い。

遅れて合流した岡田圭右さんとともにタマネギの収穫を手伝い、
「新タマネギのホイル焼き」を食べさせてもらったのでした。

淡路島の新玉ねぎ料理

一般的な家庭の新タマネギ料理と、名産地の淡路島の新タマネギ料理を比較。
久米さんの友人だという女性たちに新タマネギで料理を作ってもらうことになった。

最初に「オニオンスライス」を作ってもらったが、
一般的な切り方は繊維に沿って切るが、
淡路島の人はタマネギの繊維と直角になるように切っていた。

生で食べるには、直角に切って細胞を壊し、空気にさらすことで辛味がなくなるという。

また、普通は水にさらすが、水にさらすと辛み成分は抜けるが、
同時に甘み成分、栄養成分もなくなってしまうととのこと。


【オニオンスライスのレシピ】

『材料』
新タマネギ→1個
かつお節→適量
ポン酢→適量

『アレンジ材料』
鳴門わかめ→適量
卵黄→1個

『作り方』
1.新タマネギを半分に切る

2.繊維に直角に横切りにする

横切りにすることにより辛味がなくなる

3.切った後に水にさらすのではなく、30分空気にさらして辛味を飛ばしていく

4.さらした後にお皿にオニオンスライスにかつお節をかけ、ポン酢をかければできあがり!

『アレンジレシピ』
オニオンスライスに鳴門わかめ、卵黄をかけてまぜできあがり。



スポンサードリンク


【丸ごとオニオンカレー】

丸ごとオニオンカレー

『材料』
新玉ねぎ→3個
淡路牛→500g
カレールー→1箱
バター→10g(大さじ1)
米→5合
オニオンフライ→適量
スナップえんどう×3本

『作り方』
1.1個目の新タマネギをすりおろす

2.ジップロックに淡路牛・①の新タマネギを入れ、混ぜこむ

3.鍋に水を入れ、タマネギの皮を入れて出汁をとる

4.2個目のタマネギをみじん切りする

5.④のみじん切りしたタマネギにバター10gを加え、
電子レンジ(600W)で3分加熱する

6.鍋に、③の出汁をこしたもの、漬け込んだ牛肉と玉ねぎのすりおろし、
レンジで加熱した玉ねぎを入れ煮る。

7.ルーを入れ、とろみが出るまで煮込む

8.3個目のタマネギをそのままラップにくるみ、電子レンジ(600W)で6分加熱する

9.⑧をレンジから取り出し、丸ごとカレーの中へ入れる

10.お皿にご飯・カレー・カレーに入れたタマネギを盛り付け、
スナップえんどう・オニオンフライをふりかければできあがり!




【新玉ねぎの肉詰め】

新玉ねぎの肉詰め

『材料』
新玉ねぎ→1個
ひき肉→200g
塩、コショウ→適量
卵黄→1個

『作り方』
1.タマネギの底を切り、ふたにできるように上も切る

2.タマネギの中をスプーンやナイフでくり抜く

3.②のくり抜いたタマネギはみじん切りにし、
ひき肉と塩・コショウで味を調え混ぜ、くり抜いたタマネギの中に入れる。

4.タマネギに蓋をして耐熱皿にのせ、ラップで包み電子レンジ(600w)で6分間加熱。

5.ふたを開けて、玉ねぎに切り込みを入れて、黄身、パセリをちらせばできあがり。




【新玉ねぎピザ】

新玉ねぎピザ

『材料』
新玉ねぎ→1個

ベーコン→適量
コーン→適量
トマト→1個(輪切り)
チーズ→適量

レタス→1枚

『作り方』
1.タマネギを横にスライスし、1.5cm幅の輪切りにカットする

2.①を型崩れしないように竹串をさす

3.フライパンに油をひいて片面を焼く

4.フライパンに蓋をして蒸す

5.ベーコン、コーン、トマト、チーズの順で乗せてふたをし、さらに蒸す

6.お皿に盛り、レタスの千切りをのせればできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ