老け顔の青クマ、茶グマ、黒クマ対処法!ムンクの顔体操【林先生の初耳学 】

目の下のクマ

2016年5月1日放送の「林先生が驚く初耳学」で
「5歳老け顔の恐怖…間違いだらけクマ対処法」がとりあげられました。

目の下にできるクマ、青クマ、茶グマ、黒クマの対処法などを紹介!

スポンサードリンク

青クマの対処法

アナタは今5歳以上老けてみられているかもしれない。
それは目の下のクマが原因。

人から一番見られるのは目元。
クマは老けて見られる原因の一つ。

潜在的には成人の8割がトラブルを抱えているといわれている。

一般的な目の下のクマ対処法で効果的といわれているのが、
ホットタオルで目の周りを温める方法。
実はもっと効果的な方法がある。

温めたタオルと冷たいタオルを交互に
1分×5セット合計10分のせる。

そんな目の下のクマにまつわる問題。
実つはもっと手ごわいクマがあるのです。

さきほどのクマは寝不足からなどくる目の疲れが原因。
目の下の血管が血行不良となりうっ血することから
青クマといわれています。

そこで血行を良くするために、
温冷ケアを行うと良いのですが、
それだけではなおらないクマがあるのです。

実はクマには、青クマ、
茶グマ、黒クマの3種類があるのです。

では、茶グマ、黒クマの原因と対処法とは!?

林先生は知っているのか…。

初耳!

スポンサードリンク

茶グマ、黒クマの原因と対処法

【茶グマ】
色素沈着が原因でおこる。
目のこすりすぎやメイクを落とさず寝るなどが原因。

目のこすり過ぎなどで皮膚の確執が熱くなり
色素が沈着した状態。

対処法→肌の代謝を進めるビタミンC誘導体配合の化粧水や
乳液を使用しあまり目をこすらない。

【黒クマ】
たるみグマとも呼ばれ、目の下の脂肪がたるみ影ができ黒く見える状態。

加齢などにより皮膚のハリがなくなり、
皮膚の薄い目の下に脂肪がたまることが原因。

対処法:頭皮マッサージ。
全体的に血行を良くしながら、上に引き上げていくようなマッサージ。

ほかにもクロクマを解消する体操がある。


【ムンクの顔体操】

1.口を「お」の形にし、顔を上下に伸ばす

鼻の下をしっかり伸ばす

2.そのまま目線だけを上に上げる
3.目を細める→戻すを4~5回繰り返す
4.目を閉じてリラックス
これを1日3回行う

だんだんとクマがうすくなってくるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ